2月2日(土)に大阪証券取引所ビル(株式会社 CSK Win テクノロジ様 関西事業所 セミナールーム)にて開催された Japan SharePoint Group 勉強会#7 に参加してきました。
Japan SharePoint Group は 2012年2月に、SharePoint MVP であり PiecePoint 株式会社の代表でもある山崎さんが立ち上げられた日本の SharePoint コミュニティで、毎回豪華な講師陣を集め勉強をする場です。(東京でも開催されています)

今回のセッションは下記イベント詳細ページをご参照ください。

Japan SharePoint Group #7
http://jpsps.com/event/20130202osaka/


話題の中心は、SharePoint 2013 のデザインカスタマイズと、ソーシャルについて。

SharePoint 2013 を中心としたデザインカスタマイズについては、おそらく日本でもほとんど共有されていない内容で本コミュニティならではの鮮度・レベルの高い内容でした。

SharePoint 2013 から登場したデザインマネージャは、本当に簡単な HTML からでもマスターページが作成できるというもの。(セッションでは、html、head、body タグをそれぞれ定義しただけの HTML からでもマスターページが作成出来る!と紹介されていました。…これは近々試してみたい内容です。)
また、HTML5 + CSS3 を用いたデザインカスタマイズの可能性も示唆され、表現力の高い CSS3 を上手く利用することで、画像の利用を極力減らすことが出来、データベースへの負荷を抑えられるはずとのこと。ただし、Internet Explorer の利用を前提とした場合、企業内では未だ CSS3 に対応していない IE7 や IE8 が多く、本格的に利用出来るようになるのは 3年後…5年後ではないか?との見解。
CSS3 については、セッション中に紹介された CSS3 で作成された一切の画像を利用していない World Clock に一同感心。

iPhone CSS3 | A CSS3 Experiment by JeffBatterton.com
http://lab.jeffbatterton.com/iphone-css3/

SharePoint でも将来はこのあたりの技術が当たり前に利用されるようになるのでしょうか?

もうひとつの大きな話題ソーシャルでは、SharePoint 2013 で強化され、大きく外観が変更された「個人用ニュースフィード」で一体何が出来るの?という内容で、SharePoint Maniacs の Office 365 MVP 中村さんが圧巻のボリュームのスライドで紹介!資料は下記で公開されています。

勉強会資料:SharePoint 2013/Office365の「ソーシャル」でできること。SharePointは社内Facebookになれるのか?
http://sharepointmaniacs.com/archives/4524

また、「ソーシャル」をどうやって提案していくべきか?提案時の課題になるポイントは?等についても取り上げられ、技術寄りの話題ばかりではないことも、この勉強会の特徴。SharePoint の「ソーシャル」をどのようにしてビジネスに活かしていくか、その効果をどのようにして評価していくか等、未だ答えは明確に出ているものではありませんが、「ソーシャル」では避けて通れないポイントですね。

IT 系の勉強会では珍しく、Developer から、ITPro、Administrator、そして User まで幅広く楽しめる会になっています。
なお、勉強会での内容は Ustream でも録画が公開されています。

Japan SharePoint Group
http://www.ustream.tv/channel/japansharepointgroup

ちなみに、今回は僕も下記の記事内容(SharePoint 2013 ドキュメントライブラリのドラッグアンドドロップ)でライトニングトークを行わせて頂きました。

SharePoint 2013 ドキュメントライブラリのドラッグアンドドロップ
http://idea.tostring.jp/?p=1
続・SharePoint 2013 ドキュメントライブラリのドラッグアンドドロップ
http://idea.tostring.jp/?p=46

勉強会後の懇親会でも SharePoint に関する話題が続き、本当に SharePoint に興味のある人たちが集まっているんだなあと感じました。

非常に楽しく、また次回も参加したいと思います!!