先行リリースを有効化しているテナントを確認していたところ、以前からアナウンスされていた「OneDrive for Business から SharePoint サイトにファイルとフォルダーをコピーする」機能が展開されてきていましたので、さっそく試してみました。公式のマニュアルは既に日本語化されています。

OneDrive for Business から SharePoint サイトにファイルとフォルダーをコピーする
https://support.office.com/ja-jp/article/67a6323e-7fd4-4254-99a8-35613492a82f

さっそく試す

OneDrive for Business にアクセスした後、いずれかのファイルを選択する(複数のファイルやフォルダーでも大丈夫でした)と、上部のメニューバーの「コピー」に新機能のお知らせが出ます。

ここで「コピー」を押すと、SharePoint サイトのほか、Office 365 グループが選択できるようになっており、コピー先の任意のフォルダーを選択し「ここにコピー」をクリックするとコピー完了です。

20161012-1

20161012-2

みんなとファイルを共有する際に、個人の OneDrive for Business にあったファイルを、わざわざローカルにダウンロードして、再度アップロードといった操作が不要になるので便利になりますね。

ちなみに、コピー先ではファイルの「更新日時」は、コピーした時点の時間となるようです。

20161012-3

制限事項

公式マニュアルにも記載がありますが、この機能を利用するには管理者があらかじめ「個人用サイトでユーザーがカスタム スクリプトを実行できないようにする」設定を行っておく必要があります。2014 年 11 月以降にサインアップされたテナントでは、こちらが既定の設定のため変更不要とのことです。

また、2017 年の初め頃までは、一度にコピー可能なファイルが 50MB までに制限されているようです。こちらは、今後拡張予定とのことです。

(2017/2/18 追記)500MB まで拡張されました。

Enhancing File Management for OneDrive and SharePoint Modern Document Libraries
https://techcommunity.microsoft.com/t5/SharePoint-Blog/Enhancing-File-Management-for-OneDrive-and-SharePoint-Modern/ba-p/46832

さいごに

個人で作成し、チームに共有するような資料(報告書・レポートや調査・勉強会資料など)は、普段の業務で多々あるかと思います。そうした資料を作成時からあらかじめ OneDrive for Business 上に保存しておくことで、完成時に数回のクリックで SharePoint のチーム サイトや Office 365 グループで共有ができるようになります。一見すると地味な機能ですが、利用する機会は多い機能かなと思いました。