いつの間にか、Microsoft Teams のタブに追加できるアプリの種類が増えていましたね。その中に「Web サイト」があり、これと SharePoint Online のモダン ページの相性がとても良かったのでご紹介します。SharePoint Online のモダン ページは、Office 365 グループなどで利用できるチーム サイトのトップ ページでも利用されている新しい UI のページです。Microsoft Teams からチームを作成すると、合わせて Office 365 グループも作成され、モダン ページが利用可能な SharePoint Online もスグに利用可能となっています。

SharePoint モダン ページを「Web サイト」タブとして追加する

Microsoft Teams にアクセスし、タブを追加したいチャンネルを開き、[+] をクリックします。すると、Office 365 の他サービスを含む、Microsoft Teams でタブに追加可能なアプリやサービスの一覧が表示されるので、ここから「Web サイト」を選択します。

あとは、タブ名と、追加したい SharePoint モダン ページの URL を入力するだけです。

するとどうでしょう。SharePoint Online に直接アクセスしたときには表示されるはずの上部や左部のナビゲーション等が自動的に非表示となり、コンテンツ部分のみがスッキリと表示されます!これは良い!と思ったわけです。

なぜ良いと思ったか?

Microsoft Teams のチャットを利用しアップロードされたファイルは、実はチームに合わせて作成された Office 365 グループの SharePoint Online のドキュメント ライブラリへまとめて保存されています。また、チームで様々なドキュメントなどを共有していくと、次第に「コレとアレとコレは、関連したファイルだからひとつのページ上にまとめて共有しておきたい」と思うようになるはずです(なりました)。さらには、「関連したサイトへのリンクもまとめておきたい」や「グラフや、Power BI のレポートも!」「地図も共有しておきたいし」「動画も共有できないかな?」と、欲はふくらむばかりです。

こうした、様々な情報をページにまとめて共有するといった作業には、SharePoint Online のモダン ページが適しています。すでに共有されているドキュメントなどであれば、いとも簡単にクリック数回の作業で Office Online を利用してページに埋め込むことができます。さらには、Power BI のグラフも(Power BI Pro が必要ですが…)、地図も、Office 365 Video の動画なども簡単に埋め込むことができますし、iframe を利用して YouTube の動画なども埋め込み共有できます。

ただし欠点は、Microsoft Teams とは別のサービスであるため、閲覧のためにはユーザーが、Microsoft Teams と SharePoint Online とを行き来しなければならなかった点です。それが、この「Web サイト」タブを利用し、SharePoint Online のページをタブとして追加しておくことで、ユーザーは Microsoft Teams のインタフェースを離れることなく、SharePoint Online 上の情報がまとめられたページを閲覧することができるようになります。

チャットというインタフェースは、リアルタイム性に優れ、他のメンバーと簡単に気軽にコミュニケーションを取ることができるのですが、どうしても情報が分散してしまいがちです。そうした分散しがちな情報を、SharePoint Online を利用することで、整理し、まとめ直し、チームに再共有することが可能になります。いわば、キュレーションでしょうか?(なにやら世間を賑わしている単語ですが…)

さらには、共有したページを起点とし、チャットを続けていくことも可能です。

こうした仕組みで、情報やコンテンツの作成、共有、議論、整理、再共有、議論、整理、再共有…、と、情報やコンテンツを中心としたコラボレーションのために「Microsoft Teams + SharePoint Online モダン ページ」の組み合わせは、なかなか相性が良さそうだと感じました。とは言っても、SharePoint Online のモダン ページで出来ることは、従来の SharePoint Online と比べてもまだまだ少ないため、SharePoint Framework で作成される Web パーツがもっともっと追加されるのと嬉しいですね。開発者視点で考えると、SharePoint Framework で作成する Web パーツでは、こうした情報の再利用や再共有の観点でアイデアを出しても良いのではないかと思いました。

ちなみに、追加したタブをスマホのアプリから確認しようと思うと、「タブはまだサポートされておらずデスクトップに表示できます」と表示されました。こうしたタブがスマホからも閲覧できるようになると、さらに活用できる場面が増えそうですね。

さいごに

Microsoft Teams は、まだまだリリースされたばかりですので、機能もこれから追加されるでしょうし、会社や組織内での使い方もこれから考えていかなければならない部分も多くあります。Microsoft Teams 単体での活用もそうですが、他のサービスと組合わせて利用した場合の活用についても色々と考えて試していきたいです。