SharePoint Online でサイト コレクションを作成し、その後で機能の有効化・無効化やカスタマイズを行っていくと、「あれ?このサイト コレクションって元々なんのテンプレートで作ったんだっけ?」ということがあります。

作成時のサイト テンプレートを SharePoint Online Management Shell を使って確認する方法をご紹介します。

さっそく確認

SharePoint Online Management Shell が利用可能になっている環境を前提にします。利用するコマンドレットは、みなさまご存知の Get-SPOSite です。ただし、単純に実行しただけではテンプレートの情報が表示されませんので、Template を表示できるように Select-Object を使って指定します。ついでにサイト名も表示するようにしましょうか。実行するコマンドは下記の通りです。

Get-SPOSite | Select-Object Url,Title,Template

どうでしょうか?作成済みサイト コレクションの一覧と、Template としてテンプレートの内部名が表示されたと思います。

Template 対応表

さきほどのコマンドで取得できた Template とテンプレート名の対応表は次の通りです。ちなみに、SharePoint Online 管理センターから作成できるテンプレートの一部については、Get-SPOWebTemplate で Template とテンプレート名を取得できるようです。

Template テンプレート名
STS#0 チーム サイト
BLOG#0 ブログ
BDR#0 ドキュメント センター
DEV#0 開発者向けサイト
EHS#1 チーム サイト – SharePoint Online の構成
BICenterSite#0 ビジネス インテリジェンス センター
SRCHCEN#0 エンタープライズ検索センター
BLANKINTERNETCONTAINER#0 発行ポータル
ENTERWIKI#0 エンタープライズ Wiki
PROJECTSITE#0 プロジェクト サイト
PRODUCTCATALOG#0 製品カタログ
COMMUNITY#0 コミュニティ サイト
COMMUNITYPORTAL#0 コミュニティ ポータル
SRCHCENTERLITE#0 基本検索センター
vispr#0 Visio プロセス リポジトリ
APPCATALOG#0 アプリケーション カタログ
EDISC#0 電子情報開示センター
REVIEWCTR#0 レビュー センター
POLICYCTR#0 コンプライアンス ポリシー センター
SPSMSITEHOST#0 個人用サイトのホスト
GROUP#0 チーム サイト(Office 365 グループに接続)
SITEPAGEPUBLISHING#0 コミュニケーション サイト
POINTPUBLISHINGHUB#0 PointPublishing ハブ サイト
POINTPUBLISHINGTOPIC#0 Office 365 Video チャンネル
POINTPUBLISHINGPERSONAL#0 ブログ(新しい個人ブログ)

抜けがあるかもしれませんが、SharePoint Online で利用されるほとんどのものは網羅できていると思います。(抜けがあった場合には、教えて頂けると調べて追記できると思います。)

さいごに

日常的に利用する知識ではないかもしれないですが、もしも必要となった時に思い出して頂ければと思います。