SharePoint Server 2016 向けにリリースされた September 2017 Public Update により、オンプレミスの SharePoint Server 2016 の環境においても、SharePoint Framework で作成された Web パーツが展開可能になりました。

Now available: Deploy SharePoint Framework web parts to SharePoint Server 2016 with Feature Pack 2
https://dev.office.com/blogs/now-available-deploy-sharepoint-framework-web-parts-to-sharepoint-server-2016-with-feature-pack-2

SharePoint Framework を展開するには

SharePoint Framework の展開は、KB4011127 に含まれています。

Description of the security update for SharePoint Server 2016: September 12, 2017
https://support.microsoft.com/en-us/help/4011127/descriptionofthesecurityupdateforsharepointserver2016september12-2017

この更新プログラムの適用が完了すると、アプリ カタログに SharePoint Framework で作成された Web パーツをアップロードし、展開できるようになるようです。

今月は合わせて KB4011112 も出ていますので、こちらもご確認ください。

September 12, 2017, update for SharePoint Server 2016 (KB4011112)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4011112/september-12-2017-update-for-sharepoint-server-2016-kb4011112

これまでの更新プログラムは、こちらにまとまっています。

SharePoint Updates – Latest Updates for SharePoint 2016
https://technet.microsoft.com/en-us/library/mt715807(v=office.16).aspx#BKMK_2016

また、SharePoint Framework の開発には、SharePoint Framework version 1.0 を利用して下さいとのことです。

英語ですが、ガイダンスはこちらです。

SharePoint Framework (SPFx) enterprise guidance
https://dev.office.com/sharepoint/docs/spfx/enterprise-guidance

開発環境のセットアップを含め、開発者向けのチュートリアルも用意されています。

Build your first SharePoint client-side web part (Hello World part 1)
https://dev.office.com/sharepoint/docs/spfx/web-parts/get-started/build-a-hello-world-web-part

さいごに

オンプレミスの SharePoint Server 2016 に SharePoint Framework の Web パーツが展開可能になったことで、オンプレミスと SharePoint Online に同じ Web パーツを展開可能になります。

まだまだ取り組まれている方も多くはないかと思いますが、開発者の方には是非試していただきたいです。良い Web パーツが出来たら教えて下さいね!