続・SkyDrive Pro Deep Dive

Pocket

前回の投稿では、SharePoint 側の制約や動作について記載しましたので、今回は、SkyDrive Pro クライアント側の動作について記載したいと思います。前回の投稿は、下記のリンク先からどうぞ。

SkyDrive Pro Deep Dive
http://idea.tostring.jp/?p=974

まずは、クライアントとしてどういったプロセスが動いているのかを確認しましょう。

Read More

SkyDrive Pro Deep Dive

Pocket

SharePoint Online では、2013年8月末の機能更新で、個人の SkyDrive Pro ライブラリの容量が 25GB に増量されるなど、ますます強力になっている SkyDrive Pro。今回は、TechNet や 実際の検証結果を基に動作を確認してみましょう。基本的な情報は、下記の記事に記載していますので、合わせてご参照下さい。

SkyDrive Pro クライアントの単体提供開始!!
http://idea.tostring.jp/?p=578

Read More

PowerShell + CSOM で SharePoint Online を操作する

Pocket

SharePoint Online が SharePoint 2013 に変更されてから、「SharePoint 管理センター」にて行うことができる操作などは、SharePoint Online Management Shell を利用することでクライアントの PowerShell から操作ができるようになりました。このあたりの詳しい情報は、下記のリンク先をご参照ください。

SharePoint Online 用の Windows PowerShell
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/fp161362.aspx
新しい SharePoint Online 管理センター – お客様による制御の向上
http://blogs.msdn.com/b/sharepoint_jp/archive/2013/02/17/sharepoint-online-the-new.aspx

しかしこの仕組みでは、実際に SharePoint のサイトに作成されたリストやライブラリ、またはその中に保存されたアイテムへアクセスすることができません。これらのデータにアクセスするためには、CSOM(Client Side Object Model)と呼ばれる仕組みを利用する必要があります。そこで今回は、この CSOM による方法をご紹介します。

Read More

「コンテンツ エディター」や「スクリプト エディター」を利用したカスタマイズを簡単に再利用できるようにする

Pocket

私自身が JavaScript や CSS を利用したライトなカスタマイズを好んでいることもあり、このブログでもそれらを利用したカスタマイズをいくつか取りあげてきました。例えば、予定表 Web パーツのカレンダー表示をコンパクトする CSS を紹介した記事などがそれに当たります。

予定表 Web パーツのカレンダー表示をコンパクトにしてみた
http://idea.tostring.jp/?p=635

これらの記事では、「コンテンツ エディター」Web パーツや「スクリプト エディター」Web パーツを利用しているため、そのままでは再利用性に乏しく、ユーザー自身が設定するためにはコードを記述する必要があります。今回は、こうした課題に対して最も簡単・単純に応える方法をご紹介します。

Read More

リスト フォームの「保存」ボタン クリック時に任意の JavaScript 処理を追加する

Pocket

実は私自身も最近調べ物をしていて見つけたばかりのネタをご紹介します。SharePoint 2010/2013/Online に対応できる方法です。

SharePoint では、リストに列を追加すると「新規」「編集」「表示」フォームが自動的に作成されることはご存知かと思います。このフォームに任意の JavaScript を追加したいと思ったことはありませんか?さらには、「保存」ボタンをクリックしたタイミングで実行させたい。たとえば、「保存」ボタン クリック時に入力値のチェックをしたり、確認ダイアログを出したりなど…。そういった、処理の追加/差し込みが簡単にできる方法があることがわかりました。

この記事は、下記を参考にしました。

Javascript PreSaveAction() in SharePoint 2010
http://sharepointwings.blogspot.jp/2012/06/javascript-presaveaction-in-sharepoint.html

Read More

SharePoint 2010 リスト/ライブラリ アイテム コンテクスト メニューで任意の項目を非表示にする

Pocket

SharePoint 2010 向けの投稿は初めてかもしれないですね。今回は、リストやライブラリのアイテム コンテクスト メニューで表示されるメニューのうち、任意のメニューを非表示にするカスタマイズをご紹介します。このメニューは、スクリプトで描画されているので、厳密にいえばスクリプト ファイル(core.js など)の上書きが必要になるのですが、より簡単に出来る方法として、今回は CSS で非表示にします。

コンテクスト メニューとは、アイテム タイトルの右側にある「▼」をクリックした際に表示されるメニューのことです。

20130731-1

Read More

フィルター Web パーツを利用して電話帳アプリっぽいものを作ってみる

Pocket

今回は、使うと便利なのにあまり語られることの少ないフィルター Web パーツについて投稿します。今回使うのは「クエリ文字列(URL)フィルター」Web パーツです。サンプルとして電話帳みたいなものを作ってみましょう。

最初に注意を。もしも、サンプルを試される際には、サイト機能の「ダウンロード最小化戦略」を非アクティブにしておいてください。アクティブのままだと、おそらくサンプルは動かないと思います。

(2013/8/30)また、フィルター Web パーツの利用するためには、「SharePoint Server Enterprise サイト コレクション機能」を有効化しておく必要があります。

Read More