この記事は、Office 365 Advent Calendar 2015 に参加しています。12 日目の投稿になります。11 日目の記事は「kazuakix の日記 – Exchange Online のメールセキュリティ機能」でした。

Office 365 Advent Calendar 2015
http://www.adventar.org/calendars/790

kazuakix の日記 – Exchange Online のメールセキュリティ機能
http://blog.kazuakix.jp/entry/2015/12/11/004455

さて、今回は 2015 年も終わりに近づいていますが、いま現在の Office 365 で利用できるコミュニケーションに関する機能についてまとめたいと思います。

[ Read more… ]

SharePoint 2010 以降(Online を含む)では、大量の JavaScript ファイルを読み込み、また、実行し動作しています。この大量の JavaScript ファイルは、毎回のページ ロードで全て読み込まれるわけではなく、ユーザー操作に応じて動的に(オンデマンドに)読み込むことができる仕組みが用意されています。これは「スクリプト オンデマンド(SOD)」と呼ばれており、この仕組みを利用するための JavaScript メソッドが SharePoint の JavaScript Library に実装されています。

自分でもよく動作を調べ直すことがあるので、メモ代わりに残しておきます。

[ Read more… ]

SharePoint Online のドキュメント ライブラリの「新規作成」メニューからは、あらかじめ「Word 文書」「Excel ブック」「PowerPoint プレゼンテーション」「OneNote ノートブック」を簡単に作成するためのメニューがあります。

20151029-1

ただし、こちらのメニューから作成したものはまっさらのドキュメントになっており、正直なところ使い方に困ってしまいます…。今回は「コンテンツ タイプ」を利用することで、ここに様々なドキュメントのフォーマットを登録する方法・手順をご紹介します。

[ Read more… ]

SharePoint Online へは、いつからかリストの詳細設定に「インデックスの自動管理」という設定項目が追加されていました。(既定で有効)説明には「インデックスの自動管理を使うと SharePoint でこのリストの列インデックスが保持され、ビュー内で最適なクエリのパフォーマンスを提供できます。」と記載されており、良いこと尽くめなのですが、その動作の詳細については不明のままでした。

20150928-1

先日、SharePoint Server 2016 IT Preview がリリースされ、こちらにもインデックスの自動管理機能が実装されていたことから、動作について色々と見えてきたので検証を行ってみました。※検証は SharePoint Server 2016 IT Preview を用いて行っています。製品版で同様に動作するかはわかりません。

[ Read more… ]

SharePoint サイトに含まれるリストやライブラリは「サイト コンテンツ」の画面で一覧することができるのですが、一般のユーザーには触らせたくない、または、システム上必要だけど業務に不要なリストやライブラリは見せたくないといった要望が挙がることがあります。
たとえば、「スタイル ライブラリ」などが分かりやすい例で、サイトのデザインなどに関わる作業中は必要ですが、それが終わると「サイト コンテンツ」に表示しておく必要はありません。

[ Read more… ]

前回の投稿でも出てきましたが、SharePoint のデザインをカスタマイズする際には「代替 CSS」を設定することがあります。しかしながら、この「代替 CSS」の GUI での設定は「デザイン マネージャー」に含まれており、「発行機能」を有効化したサイトでしか行えません。ただし、発行機能を有効化していないサイトでも API を利用することで設定が可能なようでしたので、お手軽な JavaScript Object Model (JSOM) を利用して設定する方法を試してみました。

[ Read more… ]

SharePoint Online はクラウド サービスです。そのため、日々サーバー側でのバグフィックスや機能改善などが行われています。それらは、ユーザーインタフェースの部分に関することもあり、サイトの見た目に関わるデザインをカスタマイズしていた場合、大きな影響を受けることもあります。

こうしたデザイン カスタマイズについて扱ったセッションが Ignite 2015 にもありましたので、その内容を追いながらデザイン カスタマイズについて考えたいと思います。

Deep Dive into Safe SharePoint Branding in Office 365 Using Repeatable Patterns and Practices
https://channel9.msdn.com/Events/Ignite/2015/BRK3164

[ Read more… ]

SharePoint Designer 2013(または 2010)を長期間使い続けていると SharePoint サイトへの接続が不安定になるなどのご相談を頂くことがあります。また、SharePoint Designer 2010 から SharePoint Designer 2013 へアップグレードを行った場合なども、動作が不安定になることがあるようです。そうした場合に、クライアントのローカルに保存されているキャッシュファイルを削除することで、不具合が解消される場合があるようです。また、このキャッシュファイルは SharePoint Designer の再インストールでは削除されないようなので、手動で削除する必要があります。

[ Read more… ]