Tag( "List" ){ return results; };

他のサイト コレクションのリストの情報を JavaScript で取得する

Pocket

SharePoint のサイトを作っていくと、他のサイト コレクションのリストに保存された情報などをページに表示したいということがあります。例えば、とあるワークフローが他のサイト コレクションにある場合、そのワークフローにより割り当てられるタスクが格納されるリストの新着アイテムを表示したいなどです。ほかにも他のサイト コレクションのお知らせリストの新着アイテムを表示できても良いですね。

しかしながら、SharePoint の標準機能におけるリストに格納されたデータの利用・表示範囲はサイトの単位になっているため、その更に上位のサイト コレクションが異なる場合にはもちろん利用できません。何か方法はないものかと、試しに SharePoint の JavaScript API で試してみたところ実現できそうだったので投稿します。

今回の記事では、SharePoint Online にて動作確認を行っています。SharePoint Online では全てのサイト コレクションが「<tenant>.sharepoint.com」の配下に作成され、クロスドメイン制約に該当しないことも重要な点かなと思います。

Read More

SharePoint 2013 ワークフローの「HTTP Web サービスを呼び出す」アクションを試してみる (後編)

Pocket

前編では「HTTP Web サービスを呼び出す」アクションを利用し、インターネット上の Web サービスを呼び出す部分を作成しました。この後編では、Web サービスから返されたデータから、必要な情報を取り出しリストアイテムに格納する処理を作成します。

前編はこちらです。

SharePoint 2013 ワークフローの「HTTP Web サービスを呼び出す」アクションを試してみる (前編)
http://idea.tostring.jp/?p=1651

Read More

SharePoint 2013 ワークフローの「HTTP Web サービスを呼び出す」アクションを試してみる (前編)

Pocket

SharePoint Designer 2013 で SharePoint 2013 上へワークフローを作成するさいには、「SharePoint 2013 ワークフロー」と「SharePoint 2010 ワークフロー」が選択可能になりました。

この「SharePoint 2013 ワークフロー」の特徴として、「HTTP Web サービスを呼び出す」という聞きなれないアクションを利用することが可能になっています。これは、SharePoint REST API やインターネット上で公開されている Web  サービス API、または自身で作成した Web アプリケーションやサービスなどに実装した API を、SharePoint のワークフロー処理から呼び出せるというものです。ちょっとオモシロそうでしたので、どういうものか試してみました。

「SharePoint 2013 ワークフロー」をオンプレミスで利用する場合には、事前にサーバー側で Workflow Manager を構成しておく必要があります。こちらの構成方法は下記 TechNet をご確認ください。

SharePoint Server 2013 でワークフローを構成する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj658586(v=office.15).aspx

Read More

SPUtility.js を使ってみた

Pocket

SharePoint のリストを触っていると、ちょっとだけ工夫したくなるときがあります。例えば…「アイテムの新規作成時には入力させたいけど、編集時には入力させたくない列がある」「姓と名の列が入力されたら、自動的に氏名列に値を入れたい」「URL のクエリ文字列に応じて、列の既定値を変えたい」…などなどです。どれも、JavaScript やワークフローなどの組み合わせで実現が出来るのですが、スゴク簡単に利用できそうな jQuery ライブラリを Codeplex で見つけたので試してみました。それが「SPUtility.js」というライブラリです。

SPUtility.js
http://sputility.codeplex.com/

Read More

JavaScript を使ってリッチ テキスト列から取得した値から文字だけを取り出す

Pocket

SharePoint 2013 から JavaScript を利用した JS リンクなどの仕組みにより表示部分をカスタマイズすることも多くなっています。その時に、意外と融通が利かないのがリッチ テキスト列の値で、装飾のための HTML タグも一緒に取れてきてしまいます。まあ、当たり前と言えば当たり前なのですが、ただ、文字だけが欲しいという機会も多いので、出来るだけ簡単に HTML タグを外す方法をご紹介します。

Read More

リストの特定のフォルダー内にあるアイテムを JavaScript から取得する

Pocket

「リスト内にフォルダーが作成されており、その特定のフォルダー内のアイテムの一覧を JavaScript から取得する」という、良く利用されそうなシナリオですが、なかなか情報が見つからない(特に日本語では)という声を聞いたので、自身の備忘録も兼ねて投稿します。

Read More

SharePoint の予定表をグループ予定表として利用してみる

Pocket

SharePoint には「予定表」リストが用意されています。これは初期状態ではカレンダー表示がされる共有予定表ですが、設定から「グループ予定表」に切り替えることができます。リストの設定から「全般設定」-「リスト名、説明、ナビゲーションの列挙」にある「グループの予定表オプション」で、「この予定表を使用して、メンバーのスケジュールを共有しますか?」を「はい」に変更します。

20140425-1

設定を変更すると、予定表の既定ビューが下図のように変更されます。

20140425-2

Read More

リスト アイテムの表示フォーム画面で、既定でリボン メニューの「参照」タブを選択する

Pocket

最近、お客様との会話でも話題になったり、TechNet/MSDN フォーラムでも質問が上がっていたりしたのですが、リスト アイテムの表示フォーム(アイテム個別の情報が表示される画面)で既定で表示されるリボン メニューを隠したいという要望は少なからずあるようです。この画面を開くと「表示」タブが選択された状態でページが開かれ、「表示」タブに関係するリボン メニューが表示されています。ただし、その隣にある「参照」タブを選択すると、リボン メニューを閉じることができるわけですが、ページを開いた際の既定動作として「参照」タブを選択した状態にしたいというものです。

20140313-1

リボン メニューの動作を追っていくと、どうやら JavaScript で制御しているようなので、ページを開いた際に JavaScript をうまい具合に実行できれば、自動的に「参照」を選択した状態にできそうです。

Read More