Tag( "List" ){ return results; };


以前の記事でも利用方法を紹介した JS リンクですが、嬉しいことにカスタマイズのサンプル集が MSDN デベロッパーセンターにて公開されていました。これを参考にすることで、さまざまなカスタマイズへ応用が利きそうですね。私もさっそくダウンロードしました。7種類のサンプルコードが含まれており、特に「Sample 7 (List add and edit – Email Regex Validator)」のリスト フォームのバリデーションは多々応用が利きそうですね。

Client-side rendering (JS Link) code samples
http://code.msdn.microsoft.com/office/Client-side-rendering-JS-2ed3538a

[ Read more… ]

SharePoint Online も SharePoint 2013 にアップグレードされたテナントが増えてきて、SharePoint 2010 で定番であった細かなカスタマイズを再度見直す機会が増えてきました。今回は、SharePoint 2010 までも良く見かけた、リストのリッチテキスト フィールドをウインドウ幅に合わせて広げる(フィールドの幅を 100% に指定する)カスタマイズです。

フィールドの横幅を px 指定する方法は、SharePoint Maniacs さんでも紹介されていましたが、この CSS のみでは、入力フォームの幅を 100% 指定時には不十分であるようでしたので、補足になります。

CSS で SharePoint 2013 のリッチテキスト領域の幅を広げる
http://sharepointmaniacs.com/archives/4841

[ Read more… ]

SharePoint 2010 向けの投稿は初めてかもしれないですね。今回は、リストやライブラリのアイテム コンテクスト メニューで表示されるメニューのうち、任意のメニューを非表示にするカスタマイズをご紹介します。このメニューは、スクリプトで描画されているので、厳密にいえばスクリプト ファイル(core.js など)の上書きが必要になるのですが、より簡単に出来る方法として、今回は CSS で非表示にします。

コンテクスト メニューとは、アイテム タイトルの右側にある「▼」をクリックした際に表示されるメニューのことです。

20130731-1

[ Read more… ]

今回は、使うと便利なのにあまり語られることの少ないフィルター Web パーツについて投稿します。今回使うのは「クエリ文字列(URL)フィルター」Web パーツです。サンプルとして電話帳みたいなものを作ってみましょう。

最初に注意を。もしも、サンプルを試される際には、サイト機能の「ダウンロード最小化戦略」を非アクティブにしておいてください。アクティブのままだと、おそらくサンプルは動かないと思います。

(2013/8/30)また、フィルター Web パーツの利用するためには、「SharePoint Server Enterprise サイト コレクション機能」を有効化しておく必要があります。

[ Read more… ]

昨日、Office 365 フォーラムに『SharePoint Online 上で作成したコミュニティ サイトを SharePoint Designer でカスタマイズをしていたところ、「新しいディスカッション」フォームがおかしくなった』という質問が投稿されていました。

コミュニティサイトでのディスカッションリストについて
http://community.office365.com/ja-jp/forums/323/t/166855.aspx

質問者の方曰く、カスタマイズを行っていた箇所は「サイトのページ」にある「カテゴリ.aspx」とのこと。ページをカスタマイズしていたのに、リストのフォームがおかしくなるとは不可解。というわけで、検証してみました。

[ Read more… ]

SharePoint のカスタマイズをしていく上で、リストやライブラリに含まれる列の内部名を利用する機会は多々あり、これは SharePoint 2013 になっても同様です。例えば以前、このブログでご紹介した「JS リンク」を用いたカスタマイズでも内部名を利用していました。

SharePoint 2013 「JS リンク」を試してみた
http://idea.tostring.jp/?p=68

そこで今回は、列の内部名を確認する方法で最も簡単&手軽だと思う方法をご紹介します。ちなみに、以前のバージョンの SharePoint でも今回ご紹介する方法と同じ方法で列の内部名を確認できます。

[ Read more… ]

SharePoint 2013 を触っていて、SharePoint 2010 までとは違う点を見つけました。
ユーザー権限による動作の違いを確認していたところ、サイトの「メンバー」SharePoint グループにしか属していないはずのユーザーが「リストの設定」から「リストの削除」を選択出来てしまったのです。

20130220-1

[ Read more… ]

前回 SharePoint 2013 から登場した「JS リンク」の基本的な動作を確認することが出来ました。

続・SharePoint 2013 「JS リンク」を試してみた
http://idea.tostring.jp/?p=133

今回はそこから少し踏み込んで、ユーザーが入力した値に応じて条件分岐を行うことに挑戦してみます。ここでは、入力した値に応じて文字の色を変えてみます。

[ Read more… ]