Tag( "Office" ){ return results; };

【要注意】2020 年の企業向け Office 365 サービスに接続可能な Office クライアント要件の変更点と問題点

Pocket

先週(4 月 20 日)、企業向け Office 365 サービスに接続可能な Office クライアントの要件を変更するという計画が Microsoft より発表されました。この変更点や問題点について書いておきたいと思います。

Office 365 ProPlus に関する更新
https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_office_/2017/04/21/office-365-proplus-updates/

2020 年に Office 365 システム要件変更~接続できる Office クライアントのポリシー変更【4/22 更新】
https://blogs.technet.microsoft.com/mpn_japan/2017/04/22/office-365-system-requirement-change-in-2020/

(2017/5/12 追記)今後の Office 365 ProPlus のアップデート タイミングの管理等についても情報がまとまっていましたのでリンクを追記します。

Overview of the upcoming changes to Office 365 ProPlus update management
https://support.office.com/ja-jp/article/78b33779-9356-4cdf-9d2c-08350ef05cca

Read More

企業向け Office 365 と個人向け Office 365 について考える

Pocket

個人向け Office クラウドサービスとして、10月17日から Office 365 Solo が提供開始されました。

Office 365 Solo
http://office.microsoft.com/ja-jp/FX104365533.aspx

その後、Office 365 Solo の契約者には、OneDrive の容量が無制限になるなど提供開始直後からサービスの充実が図られているサービスですが、日本国内だけの特徴があります。それは、ライセンス上「ビジネス」での利用が認められているという点です。実は、海外で先行し提供されていた個人向け Office 365 サービスの「Office 365 Home」「Office 365 Personal」ではビジネス利用が認められておらず、日本独自のライセンスとなっています。となると、気になるのは日本でも以前より提供がされていた企業向け Office 365 Business/Enterprise/ProPlus(特に ProPlus)との違いです。近頃発表された機能追加も含め、こちらを考えてみたいと思います。

(2014/11/20)iPad や iPhone 版 Office の商用利用については、Office 365 コミュニティ ブログでも説明されていましたのでご紹介します。

Office for iPad / Office for iPhone – 商用利用に必要なライセンス
http://community.office365.com/ja-jp/b/office_365_community_blog/archive/2014/11/19/office-for-ipad-and-iphone-use-right.aspx

Read More

Office Graph と Office Delve の先行リリース開始と関連する情報まとめ

Pocket

米国時間の9月8日より、以前より話題となっていた Office Delve(Codename Oslo)の提供が開始されました。現時点では、「先行リリース」を有効にしている一部の E プランのテナントで展開されたとの話を聞いています。そこで、Office Graph または Office Delve に関して見つけることができた情報をまとめたいと思います。

今年3月の SharePoint Conference で取りあげられた際の記事はこちらでしたね。

Oslo (開発コードネーム) と Office Graph の紹介
http://blogs.technet.com/b/bpj/archive/2014/03/19/introducing-codename-oslo-and-the-office-graph.aspx

Read More

SharePoint に関係しそうな Internet Explorer アドオンを確認してみる

Pocket

SharePoint は、Office クライアントと連携することで、単体で利用する以上の機能を活用できる製品です。また、SharePoint および Office クライアントが同バージョン(SharePoint が 2010 なら Office も 2010、SharePoint が 2013 なら Office も 2013)という組み合わせがやはり最良かと思います。そうした SharePoint と Office クライアントの連携は、Internet Explorer (一部機能は Firefox や Chrome にも提供されています)のアドオンを介して行われるものが多くあります。今回は、どういったアドオンが動作しているかを確認していきたいと思います。これらアドオンは、Office クライアントをインストールした場合に合わせてインストールされています。今回確認している環境は下記の通りです。

  • SharePoint Server 2013 または SharePoint Online 2013
  • Office 2013 Professional Plus (32bit)
  • Internet Explorer 9 (32bit)

また、すべてのアドオンを網羅できている自信はありません。と、思っていたら良い記事を見つけました。

Office 365 の特定機能をブラウザーから使うための ActiveX 一覧 (Office 2013 の場合)
http://community.office365.com/ja-jp/blogs/office_365_community_blog/archive/2013/04/07/activex-addons-on-browsers-to-work-with-office-365.aspx

(2014/6/16)Japan SharePoint Support Team Blog で、ドキュメントを Office クライアントから開く動作の解説として、アドオンの動作が紹介されています。こちらが正確かと思いますので、合わせてご参照ください。

SharePoint サーバーからファイルを Office クライアント アプリケーションで開く仕組みについて
http://blogs.technet.com/b/sharepoint_support/archive/2014/06/13/sharepoint-office.aspx

Read More

続・SkyDrive Pro Deep Dive

Pocket

前回の投稿では、SharePoint 側の制約や動作について記載しましたので、今回は、SkyDrive Pro クライアント側の動作について記載したいと思います。前回の投稿は、下記のリンク先からどうぞ。

SkyDrive Pro Deep Dive
http://idea.tostring.jp/?p=974

まずは、クライアントとしてどういったプロセスが動いているのかを確認しましょう。

Read More

Office 365 勉強会#4 に参加してみた

Pocket

3月2日(土)に日本マイクロソフト様 品川本社にて、株式会社エクシードワン 目代さんが中心となり有志で開催されている Office 365 勉強会に参加してきました。勉強会の案内は下記のページをご覧ください。

勉強会 | Office365Room
http://www.office365room.com/?page_id=326

Read More