Tag( "OneDrive for Business" ){ return results; };

OneDrive for Business はいろんな拡張子のファイルをブラウザで閲覧できる

Pocket

意外と知られていない機能のひとつに、OneDrive for Business に保存された様々な拡張子のファイルをダウンロードすることなくブラウザ上のビューアーで閲覧できるという機能があります。以前から、Office ファイル(Word、Excel、PowerPoint)には Office Online があったため、「Microsoft 製品のファイルだけでしょ?」と思われている方も多くいるのですが、ところがどっこいそうではありません。

というわけで少し紹介したいと思います。

Read More

新しい OneDrive クライアントを管理する

Pocket

先日発表された、”新しい” OneDrive クライアントの機能強化により、これまで古いクライアントのみで可能だった SharePoint サイトのライブラリとの同期も “新しい” OneDrive クライアントで行うことができるようになります。

OneDrive brings new file collaboration and management features to the enterprise
https://blogs.office.com/2017/01/24/onedrive-brings-new-file-collaboration-and-management-features-to-the-enterprise/

新しいクライアントでは、同期スピードの向上や、各種制限の緩和などもあり、これまで企業内で OneDrive を利用していなかった企業でも利用を検討されるかもしれません。ただし、新しいクライアントは、個人用の OneDrive.com へも接続できることもあり、管理面で不安や懸念もあるかと思います。

そこで、新しいクライアントでは、管理者はどういった管理や設定が行えるのかを確認していきたいと思います。

Read More

コミュニケーション編 Office 365 で利用できる機能・サービス(2016 年 12 月版)

Pocket

この記事は、Office 365 Advent Calendar 2016 に参加しています。昨日の記事は、「初心者備忘録 – Visio Online の機能を JavaScript で拡張する方法」でした。

Office 365 Advent Calendar 2016
http://www.adventar.org/calendars/1396

初心者備忘録 – Visio Online の機能を JavaScript で拡張する方法
https://www.ka-net.org/blog/?p=7770

Office 365 Advent Calendar には昨年も参加しており、「コミュニケーション編 Office 365 で利用できる機能・サービス(2015 年 12 月版)」を投稿したところなかなか評判が良かったので、今年はソレの 2016 年版を投稿します。今年の Office 365 をおさらいして、来年に備えたいと思います。ちなみに昨年の記事は下記です。

コミュニケーション編 Office 365 で利用できる機能・サービス(2015 年 12 月版)
http://idea.tostring.jp/?p=1921

では、そろそろ本題に移ります。今年は新しく発表された機能も多く、数が多くなってしまいますが下記の機能について書きたいと思います。

  1. SharePoint Online
  2. Exchange Online
  3. Skype for Business
  4. Skype 会議ブロードキャスト
  5. OneDrive for Business
  6. Office Online / Office 365 ProPlus
  7. Office 365 ビデオ
  8. Yammer
  9. Office 365 グループ
  10. Office Delve
  11. Microsoft PowerApps
  12. Microsoft Flow
  13. Office Sway
  14. Power BI
  15. Microsoft Planner
  16. Microsoft Teams
  17. Microsoft StaffHub
  18. Outlook Customer Manager
  19. Microsoft Bookings

Read More

SharePoint Online と OneDrive for Business の容量拡大!

Pocket

これまで基本容量が 10GB だった SharePoint Online とユーザーあたり 1TB だった OneDrive for Business で、それぞれ容量の拡大が発表されました。これは嬉しい!!ということで、簡単にまとめます。

Read More

コミュニケーション編 Office 365 で利用できる機能・サービス(2015 年 12 月版)

Pocket

この記事は、Office 365 Advent Calendar 2015 に参加しています。12 日目の投稿になります。11 日目の記事は「kazuakix の日記 – Exchange Online のメールセキュリティ機能」でした。

Office 365 Advent Calendar 2015
http://www.adventar.org/calendars/790

kazuakix の日記 – Exchange Online のメールセキュリティ機能
http://blog.kazuakix.jp/entry/2015/12/11/004455

さて、今回は 2015 年も終わりに近づいていますが、いま現在の Office 365 で利用できるコミュニケーションに関する機能についてまとめたいと思います。

Read More

企業向け Office 365 と個人向け Office 365 について考える

Pocket

個人向け Office クラウドサービスとして、10月17日から Office 365 Solo が提供開始されました。

Office 365 Solo
http://office.microsoft.com/ja-jp/FX104365533.aspx

その後、Office 365 Solo の契約者には、OneDrive の容量が無制限になるなど提供開始直後からサービスの充実が図られているサービスですが、日本国内だけの特徴があります。それは、ライセンス上「ビジネス」での利用が認められているという点です。実は、海外で先行し提供されていた個人向け Office 365 サービスの「Office 365 Home」「Office 365 Personal」ではビジネス利用が認められておらず、日本独自のライセンスとなっています。となると、気になるのは日本でも以前より提供がされていた企業向け Office 365 Business/Enterprise/ProPlus(特に ProPlus)との違いです。近頃発表された機能追加も含め、こちらを考えてみたいと思います。

(2014/11/20)iPad や iPhone 版 Office の商用利用については、Office 365 コミュニティ ブログでも説明されていましたのでご紹介します。

Office for iPad / Office for iPhone – 商用利用に必要なライセンス
http://community.office365.com/ja-jp/b/office_365_community_blog/archive/2014/11/19/office-for-ipad-and-iphone-use-right.aspx

Read More

Office Graph と Office Delve の先行リリース開始と関連する情報まとめ

Pocket

米国時間の9月8日より、以前より話題となっていた Office Delve(Codename Oslo)の提供が開始されました。現時点では、「先行リリース」を有効にしている一部の E プランのテナントで展開されたとの話を聞いています。そこで、Office Graph または Office Delve に関して見つけることができた情報をまとめたいと思います。

今年3月の SharePoint Conference で取りあげられた際の記事はこちらでしたね。

Oslo (開発コードネーム) と Office Graph の紹介
http://blogs.technet.com/b/bpj/archive/2014/03/19/introducing-codename-oslo-and-the-office-graph.aspx

Read More

続・SkyDrive Pro Deep Dive

Pocket

前回の投稿では、SharePoint 側の制約や動作について記載しましたので、今回は、SkyDrive Pro クライアント側の動作について記載したいと思います。前回の投稿は、下記のリンク先からどうぞ。

SkyDrive Pro Deep Dive
http://idea.tostring.jp/?p=974

まずは、クライアントとしてどういったプロセスが動いているのかを確認しましょう。

Read More