Category( "Power Platform" ){ return results; };

Microsoft Ignite 2021 March の私的必見セッション

米国時間の 3 月 2 日から 4 日にかけて Microsoft のオンラインイベントである Microsoft Ignite が開催されます。

Microsoft Ignite
https://myignite.microsoft.com/

今回もいろいろと新しい機能の発表やデモなどが配信されると思いますが、個人的に注目したいセッションをまとめておこうかと思います。

SharePoint や OneDrive、Microsoft Teams はもちろん、Microsoft Stream の動向は気になりますし、先日発表された Microsoft Viva の情報も取集したいですね。

Read More

Power Automate から Azure Automation を呼び出してクラウド上で PowerShell を実行してみる

前回の記事で、PowerSell を利用して Microsoft Teams にチームを作成し、合わせて必要な設定を行うといった方法を紹介しました。

PowerShell を使って Microsoft Teams のチームを作成するついでにチームのゲスト共有を無効化する
https://idea.tostring.jp/?p=5887

このように、Microsoft 365 の管理のために PowerShell を利用している管理者の方も多くいると思いますが、PowerShell を実行するためにはパソコンが必要になります。

しかしながら、場合によっては外出先から実行したり、SharePoint Online のリストや Microsoft Forms のフォームから送信されたデータなどを基に、パソコンの状態に関わらずいつでも自動実行させたいといったこともあるかもしれません。

そこで今回は、前回の記事で作成したPowerShell を基に、それをクラウド上で実行可能な Azure Automation を利用し、さらに、Power Automate からそれを呼び出すことで、どこからでも簡単に PowerShell を実行する方法を書き留めておきたいと思います。

なお、Power Automate から Azure Automation を呼び出すためのコネクタはプレミアムコネクタとなっているため、Power Automate の有償ライセンスの利用が必要です。

Read More

Microsoft Forms を SharePoint Online へのファイルアップローダーとして利用してみる

Microsoft Forms で作成されたフォームでは、回答にファイルを添付することが可能となっています。この添付されたファイルは、個人に紐づくフォームでは OneDrive for Business に、チームに紐づくフォームではチームの SharePoint Online に保存されます。しかしながら、自動作成されるフォルダーにまとめて保存されるだけですので、そのファイルを後から探したりするのが手間になってしまいます。また、SharePoint を利用したドキュメント管理といえば、ファイルにメタデータを付けて管理したくなりますよね。

そこで、Microsoft Formsで回答と一緒にファイルを添付して送信し、それらの情報を基に、ドキュメント ライブラリでファイルにメタデータを付けて整理しながら保存したいなと考えました。Power Automate を利用することで、それっぽく実現できそうでしたので、方法を書き留めておきたいと思います。

Read More

チームで共有している Microsoft Forms のフォームを Power Automate から利用するにはコツが必要

Microsoft Forms でフォームを作成する際、Microsoft Teams のチームのチャネルのタブから始めると、フォームの編集や回答の確認がチームのメンバーで行えるためとても便利です。

ただし、このフォームを Power Automate から利用しようとする場合には、ちょっとのコツが必要になります。とても簡単なことなのですが、知っておくと便利なので書き留めておきます。

Read More

Power Automate で SQL Server コネクタのトリガーを利用するときはテーブルに特別な列が必要

オンプレミス データ ゲートウェイを構成し、オンプレミスのサーバーにインストールした SQL Server 2019 のデータベースのテーブルに対して、Power Automate のトリガーを仕掛けようとしました。

しかしながら、どうにもこうにもトリガーが動いてくれません。「行を挿入する (V2)」といったアクションは問題なく動くのですが、「項目が作成されたとき (V2)」や「項目が変更されたとき (V2)」といったトリガーが動かないのです。

調べながら試行錯誤したところ、どうやら SQL Server コネクタのトリガーを利用するときには、テーブルに特別な列を作成しておく必要がありました。忘れないように書き留めておきます。

Read More

Power Platform のオンプレミス データ ゲートウェイをセットアップするときにハマったポイント

Power Apps や Power Automate、Power BI からオンプレミスのデータを参照するためには、オンプレミス データ ゲートウェイをセットアップしておく必要があります。

オンプレミス データ ゲートウェイのセットアップ自体はウィザードに従って設定するだけの簡単なものなのですが、セットアップするときにちょっと注意した方が良さそうな点があったので忘れないように書き留めておきます。

Read More

Microsoft Ignite 2020 のオススメセッション私的ベスト 10!

今年は COVID-19 の影響もありオンラインで配信された Microsoft Ignite ですが、やはりその規模はオフラインで開催されていた昨年までと比べると少し寂しく感じるところもありましたね。

しかしながらチェックしておいた方が良さそうな新機能に関する情報は続々と出てきましたね。

僕も時間を見つけては気になるセッションを見ているのですが、そこで見つけた僕のオススメセッションを共有しておきたいと思います。

Read More

Exchange Online のメールボックスに届いたメールをブラウザ開くディープリンク

Exchange Online を利用していて、Outlook はブラウザ版のものを愛用しているのですが、そこに届いたメールを直接ブラウザで表示するための URL の形式はどうなっているのかなと思ったので調べてみました。(ディープリンクとか言うみたいです)

このあたりが分かれば、Power Automate だとかからの連携もいろいろと作れるんじゃないかなと思っています。詳しくは後述しますね。

それではさっそく見ていきましょう。

Read More