SharePoint Online が SharePoint 2013 に変更されてから、「SharePoint 管理センター」にて行うことができる操作などは、SharePoint Online Management Shell を利用することでクライアントの PowerShell から操作ができるようになりました。このあたりの詳しい情報は、下記のリンク先をご参照ください。

SharePoint Online 用の Windows PowerShell
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/fp161362.aspx
新しい SharePoint Online 管理センター – お客様による制御の向上
http://blogs.msdn.com/b/sharepoint_jp/archive/2013/02/17/sharepoint-online-the-new.aspx

しかしこの仕組みでは、実際に SharePoint のサイトに作成されたリストやライブラリ、またはその中に保存されたアイテムへアクセスすることができません。これらのデータにアクセスするためには、CSOM(Client Side Object Model)と呼ばれる仕組みを利用する必要があります。そこで今回は、この CSOM による方法をご紹介します。

Read More