Category( "Office 365" ){ return results; };

SharePoint Online や OneDrive for Business にアップロードした Zip ファイルのプレビューで日本語のファイル名が文字化けする場合の回避方法

モダン UI の SharePoint Online のドキュメント ライブラリや OneDrive for Business にアップロードした Zip ファイルでは、ブラウザ上で Zip ファイルに格納されたファイルの一覧を確認でき、また、特定のファイルを選択して個別にダウンロードすることが出来ます。

そう、出来るんです。出来るのですが、日本語のファイル名が文字化けしてしまう場合があります。この回避方法をメモしておきます。

Read More

Office 365 / Azure Active Directory にゲスト招待できる社外ユーザーのメールドメインを制限する

Office 365 を利用していて社外ユーザーとの共有を行おうとした場合、無制限に社外ユーザーを招待可能となると少々不安です。

たとえば、Gmail や Yahoo! メールなどのフリーメールを招待できる状態では、ゲスト招待した相手の特定が難しくなる可能性もあるからです。

社外ユーザーを招待する場合の運用として、社内ユーザーの申請に応じてテナントの管理者があらかじめ Azure AD に登録した社外ユーザーとのみ共有させるなどの運用も考えられますが、その申請をどのような基準で承認または却下するかを考えると簡単ではなく、実効性にも疑問が残ります。

となると、業務上必要なパートナー企業などの特定の企業のユーザーであれば、社内ユーザーが自由に社外ユーザーとしてゲスト招待できるというルールの方が有用な場合も考えられます。

というわけで、そうした特定の企業の、つまりは、特定のメールドメインのユーザーのみを招待できる設定はできないかな?と思い試してみました。

Read More

おぼえておくと便利そうな Microsoft Flow の変数の種類

前回の投稿では、Microsoft Flow の変数の基本的な利用方法について書きました。

もっと Microsoft Flow を使い倒すための変数の基礎
https://idea.tostring.jp/?p=4753

上の記事の中では、使いやすい「文字列」の変数を扱いながら操作方法を説明したのですが、Microsoft Flow で利用できる変数の種類には、この記事を書いている時点で 6 種類あります。

今回の記事では、それぞれの変数の種類がどういったものであるかを書いていきたいと思います。

Read More

もっと Microsoft Flow を使い倒すための変数の基礎

Microsoft Flow は、トリガーやアクションの組み合わせで様々な処理を自動化することができます。さらには単純な組み合わせ以外にも、「変数」を活用することで、もっと柔軟で動的なより便利な処理を作成することもできます。

正直なところ、変数を使いこなすには「プログラミング的な考え方」が多少は必要となり、これまでそうした経験のない方には難しいかもしれません…、が、使えるときっと楽しくなりますよ!

Read More

Microsoft Flow で Office 365 の障害情報をチェックする

Office 365 の障害情報は、Office 365 の管理者であれば Microsoft 365 管理センターから確認することができますが、毎回確認しにいくのも面倒ですし、管理者以外のユーザーとも共有しておきたいといった要望も出てくることがあります。

また、こうした障害情報は、現在プレビュー中の Office 365 Service Communications API を利用することで取得することができます。

Office 365 Service Communications API reference (Preview)
http://docs.microsoft.com/en-us/office/office-365-management-api/office-365-service-communications-api-reference

HTTP を利用した REST API で取得できるのであれば、Microsoft Flow の HTTP アクションを利用して要望が実現できそうだなと思い試してみました。

Read More

SharePoint Online モダンサイトの Web パーツの内部名と GUID

SharePoint Online のモダンサイトでは、モダンページを開いている状態で URL の末尾に「?maintenanceMode=true」を付加することで、ページ上にどの Web パーツが配置されているかを確認できるメンテナンスモードを表示することができます。

そのメンテナンスモードで表示される内部名と ID(GUID)を拾ってまとめました。きっといつか役立つときが来るはずです。

Read More

SharePoint Online で組織のアセットライブラリを設定しよう

SharePoint Online のモダンサイトを利用するときに、ページやニュースなどを使ってさまざまなコンテンツを作成する際に写真や画像やアイコンを利用したくなることが多くあります。

こうした社内のサイトで利用できるような写真や画像を普段から手元に持っている人は多くないでしょうし、社内で利用するとなると著作権などの権利の問題も気になるところです。

SharePoint Online で利用可能になる「組織のアセットライブラリ」を利用すると、こうしたページやニュースを作成するときに自由に利用できる社内向けの写真や画像(アセット)をユーザーと共有することができます。

たとえば企業のロゴや製品のロゴなどの他に、普段から業務として写真を撮影したり画像を作成することも多いような広報の担当者などが用意した写真や画像などを共有しておくことで、ユーザーは簡単にそれらを利用でき、より華やかで興味をひくページやニュースを作成できるようになります。

というわけで、さっそく設定してみましょう。

Read More

Microsoft Teams のチームのチャネルを表示・非表示やフォローする

(2019/7/12 追記)いつからか、チャネルのフォローが無くなり「チャネルの通知」という機能に代わっていました。

Microsoft Teams をガンガン使って行く場合、設定しておくと便利なのがチームのチャネルの「表示・非表示(以前はお気に入りだった)」と「フォロー」です。

ただし、これらを上手く使うためには、合わせて「チャネル宛のメンション」の使い方も知っておく必要があります。

そこで今回は、これらの動作をまとめてみたいと思います。

Read More