Category( "SharePoint Online" ){ return results; };

SharePoint Online と業務システムのデータ連携を PowerShell を利用して作ってみる

今年もよろしくお願いします。

2014年初めの投稿は、1月11日(土)に、日本マイクロソフト品川本社にて開催された第7回 Office 365 勉強会にて、お話をさせて頂いた内容の解説になります。当日は時間の都合上デモを中心に行いましたので、その仕組みの裏側を紹介します。

さて、SharePoint Online 上で共有するコンテンツを考えた時に、掲示板や予定表等の SharePoint Online の適した機能を組合わせていくわけですが、企業にはすでに様々な業務システムが導入されており、それらに蓄えられたデータ(の一部)を SharePoint Online でも共有したいというご要望は良く頂きます。それらのほとんどの業務システムは、データを CSV 形式で出力ができたり、データベースを直接参照することでデータを取り出すことができると思います。

そこで今回は、そのようにして取り出されたデータを PowerShell を用いて SharePoint Online にバッチ処理で定期的に自動投稿するというかたちでの連携シナリオを考えました。

Read More

JS リンク コードサンプル集

以前の記事でも利用方法を紹介した JS リンクですが、嬉しいことにカスタマイズのサンプル集が MSDN デベロッパーセンターにて公開されていました。これを参考にすることで、さまざまなカスタマイズへ応用が利きそうですね。私もさっそくダウンロードしました。7種類のサンプルコードが含まれており、特に「Sample 7 (List add and edit – Email Regex Validator)」のリスト フォームのバリデーションは多々応用が利きそうですね。

Client-side rendering (JS Link) code samples
http://code.msdn.microsoft.com/office/Client-side-rendering-JS-2ed3538a


このブログでの以前の記事はこちらです。

Read More

SharePoint 2013 リストのリッチ テキスト フィールドをウインドウ幅に合わせて広げる

SharePoint Online も SharePoint 2013 にアップグレードされたテナントが増えてきて、SharePoint 2010 で定番であった細かなカスタマイズを再度見直す機会が増えてきました。今回は、SharePoint 2010 までも良く見かけた、リストのリッチテキスト フィールドをウインドウ幅に合わせて広げる(フィールドの幅を 100% に指定する)カスタマイズです。

フィールドの横幅を px 指定する方法は、SharePoint Maniacs さんでも紹介されていましたが、この CSS のみでは、入力フォームの幅を 100% 指定時には不十分であるようでしたので、補足になります。

CSS で SharePoint 2013 のリッチテキスト領域の幅を広げる
http://sharepointmaniacs.com/archives/4841

Read More

続・SkyDrive Pro Deep Dive

前回の投稿では、SharePoint 側の制約や動作について記載しましたので、今回は、SkyDrive Pro クライアント側の動作について記載したいと思います。前回の投稿は、下記のリンク先からどうぞ。

SkyDrive Pro Deep Dive
https://idea.tostring.jp/?p=974

まずは、クライアントとしてどういったプロセスが動いているのかを確認しましょう。

Read More

SkyDrive Pro Deep Dive

SharePoint Online では、2013年8月末の機能更新で、個人の SkyDrive Pro ライブラリの容量が 25GB に増量されるなど、ますます強力になっている SkyDrive Pro。今回は、TechNet や 実際の検証結果を基に動作を確認してみましょう。基本的な情報は、下記の記事に記載していますので、合わせてご参照下さい。

SkyDrive Pro クライアントの単体提供開始!!
https://idea.tostring.jp/?p=578

Read More

PowerShell + CSOM で SharePoint Online を操作する

SharePoint Online が SharePoint 2013 に変更されてから、「SharePoint 管理センター」にて行うことができる操作などは、SharePoint Online Management Shell を利用することでクライアントの PowerShell から操作ができるようになりました。このあたりの詳しい情報は、下記のリンク先をご参照ください。

SharePoint Online 用の Windows PowerShell
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/fp161362.aspx

新しい SharePoint Online 管理センター – お客様による制御の向上
http://blogs.msdn.com/b/sharepoint_jp/archive/2013/02/17/sharepoint-online-the-new.aspx

しかしこの仕組みでは、実際に SharePoint のサイトに作成されたリストやライブラリ、またはその中に保存されたアイテムへアクセスすることができません。これらのデータにアクセスするためには、CSOM(Client Side Object Model)と呼ばれる仕組みを利用する必要があります。そこで今回は、この CSOM による方法をご紹介します。

Read More

「コンテンツ エディター」や「スクリプト エディター」を利用したカスタマイズを簡単に再利用できるようにする

私自身が JavaScript や CSS を利用したライトなカスタマイズを好んでいることもあり、このブログでもそれらを利用したカスタマイズをいくつか取りあげてきました。例えば、予定表 Web パーツのカレンダー表示をコンパクトする CSS を紹介した記事などがそれに当たります。

予定表 Web パーツのカレンダー表示をコンパクトにしてみた
https://idea.tostring.jp/?p=635

これらの記事では、「コンテンツ エディター」Web パーツや「スクリプト エディター」Web パーツを利用しているため、そのままでは再利用性に乏しく、ユーザー自身が設定するためにはコードを記述する必要があります。今回は、こうした課題に対して最も簡単・単純に応える方法をご紹介します。

Read More