昨年の終りごろに展開されたと思われる機能で、Microsoft Teams の外部アクセスでネイティブチャットがサポートされました。

これを利用することで、1 : 1 のやり取りには限りますが、より気軽に社外ユーザーとも Microsoft Teams チャットや通話といった機能を利用したコミュニケーションを行うことができます。

その動作をちょっと試してみましたのでメモしておきます。

外部アクセスチャットのはじめ方

外部アクセスによるチャットのはじめ方は簡単です。いつも通りチャットをはじめようとするときに、社外の相手の Office 365 のメールアドレスを指定し、外部検索を行います。

上手くいくと相手側の名前を解決できるので選択し、あとはチャットをはじめるだけです。相手の名前に「外部」と表示されるのが特徴です。

これだけで社外の Office 365 ユーザーとチャットをはじめることができます。

ネイティブチャットとは

さて、新たに展開されたネイティブチャットとはどういうものかと言うと、従来はサポートされていなかったチャット利用時の書式や絵文字、Giphy やステッカーなどといった、Microsoft Teams のチャット機能を社外ユーザーとの外部アクセスチャットでも利用できるようになったというものです。

ファイル送受信は行うことができませんが、画像のコピペでの画像送受信は行うことができます。

ネイティブチャットの前提条件

このネイティブチャットを利用するための前提条件は、大きく二つあります。

外部アクセスが許可されていること

まずは、自身が属しているテナントで外部アクセスが許可されている必要があります。この外部アクセスは、社外ユーザーをチームに招待しておこなうゲストアクセスとは別モノであることに注意が必要です。

この設定は Office 365 の管理者のみが行うことができ、既定値は有効になっています。

Teams アップグレードの共存モードが「Teams のみ」になっていること

そして、ネイティブチャットを行うためには、Teams アップグレードの共存モードが「Teams のみ」になっている必要があります。この共存モードは、テナント全体、または、ユーザー個別に設定ができます。

そもそもこの共存モードは、Microsoft が Skype for Business から Microsoft Teams への移行をスムーズに行うために用意されているもので、テナント内でどちらを主に使うかなどを指定できるものです。そのため、最近サインアップされたテナントには存在しません。

この設定も Office 365 の管理者のみが行うことができますが、Skype for Business クライアントにサインインを行い「組織は現在 Microsoft Teams を使用しています!」と表示されたら、少なくともあなたのアカウントは「Teams のみ」が指定されています。

共存モードによる動作のちがい

外部アクセスの動作を確認していると、どうやら受信側の共存モードによって異なる動作をするようです。

検証時に送信側は全て Microsoft Teams 上で操作を行いました。

送信側受信側受信側動作
アイランドモードアイランドモードSkype for Business に着信
※ チャットはできるが機能が制限される
アイランドモードTeams のみモードMicrosoft Teams に着信
※ チャットはできるが機能が制限される
Teams のみモードアイランドモードSkype for Business に着信
※ チャットはできるが機能が制限される
Teams のみモードTeams のみモードMicrosoft Teams に着信
※ ネイティブチャットが利用できる

アイランドモードは、Skype for Business も Microsoft Teams もどちらも自由に使えるモードですが、送信側が Microsoft Teams でチャットを送っているのに、受信側が Skype for Business で受取るなど少々ややこしい動作になりますね。

さいごに

この外部アクセスのネイティブチャットがリリースされたことで、より気軽に社外ユーザーとチャットや通話を行うことができます。Microsoft Teams を社内で利用しチャットの良さを感じたら、次は社外ユーザーとも利用したくなりますよね。

公式ドキュメントは下記のリンク先です。

Microsoft Teams の外部 (フェデレーション) ユーザー向けのネイティブチャット操作
https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/native-chat-for-external-users

また、より多くの機能を分かりやすくユーザーに使ってもらうためにも、Office 365 の管理者の方で、Microsoft Teams の共存モードが「アイランドモード」などの場合には、そろそろ「Teams のみ」に切り替えても良いかもしれません。

そういえば、Skype for Business Online のリタイア(2021 年 7 月 31 日)まで、残り 1 年半ほどになりましたね。

Skype for Business Online retirement on July 31, 2021
https://support.microsoft.com/en-us/help/4511540/retirement-of-skype-for-business-online

今後も Microsoft Teams のアップデートが楽しみです。