Power Automate のフローで SharePoint リストアイテムの権限を操作してみる

前々から Power Automate でもっと柔軟に出来たら良いなと思っていた SharePoint Online のリストアイテムの権限操作の方法を調べてみたいと思います。 SharePoint Online では、このような権限操作は SharePoint Designer 2013 を利用して SharePoint 2010 ワークフローを作成して実現することが多かったのですが、その SharePoint 2010 ワークフローもそろそろリタイアするという話もあったので、良い機会だなと思いました。 この記事では、僕が調べて試してみた結果を書き留めていきたいと思います。SharePoint のことをある程度知っている人向けの内容なので、細かな説明は省いているところがあります。ご了承ください。 SharePoint コネクタを利用 利用するのは SharePoint コネクタです。もちろん、Office 365 のライセンスで利用可能な Power Automate のライセンスの範囲に含まれています。助かりますね。 権限操作系アクション あらかじめ用意されている権限操作系のアクションを見ていきましょう。 アイテムまたはフォルダーへのアクセス権の付与 このアクションを利用すると、リストアイテムに対して権限を追加することができます。SharePoint の画面上から共有を行ったときと同じです。 アイテムまたはファイルの共有を停止します このアクションを利用すると、リストアイテムの権限が削除されます。SharePoint の画面上から共有の停止を行ったときと同じです。 これだけ? 既定で用意されている権限操作系のアクションこれだけです。これでやりたいことが実現できる場合はとても簡単に作成できますね。 SharePoint に HTTP 要求を送信します アクション もっと複雑な権限操作を行いたい場合には、こちらの「SharePoint に HTTP 要求を送信します」アクションが利用できます。 ただし、こちらのアクションを利用するには SharePoint REST API … Continue reading Power Automate のフローで SharePoint リストアイテムの権限を操作してみる