Ctrl + Shift +V で Microsoft Teams のチャットに書式を無視して貼り付け

仕事をしながら Twitter を眺めていたら発見したんですが…、これまでずっと悩んでいた問題を華麗に解決してくれたのでメモしておきます。

その課題とは、Web サイトなどからテキストを Microsoft Teams のチャットにコピペしようとすると、元の書式(太字だとか文字の大きさだとか)もそのままチャット欄に貼り付けられてしまうことです。

手で打ち込んだ文字と違いすぎて違和感が…とか、チャットではそんなに文字が主張しなくても良いのに!とか、不満がいっぱいあったのですが、簡単に解決できました。

利用しているパソコンは Windows 10 です。

Read More

Microsoft Teams の Web 会議入室時の画面が新しくなった

さっそくですが、Microsoft Teams の Web 会議入室時の画面が変わりましたね。Twitter などを見ていても「なんじゃこりゃ!」「わかりづらい!」「改悪!」という声も多くありました。

いや、確かにこれは分かりづらいかも。僕も最初に見たときに戸惑ってしまったので。というわけで、Web 会議入室時の画面の説明を簡単に書いておきます。

Read More

Microsoft Teams をパブリック プレビュー モードに切り替えてみる

Microsoft Teams の新機能をいち早く試してユーザー展開に向けた準備を行ったりできるパブリック プレビュー モードの提供が開始されたことが発表されました。

Launch of Microsoft Teams preview experience and alignment with Microsoft 365 deployment channels
https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-teams-blog/launch-of-microsoft-teams-preview-experience-and-alignment-with/ba-p/1964899

もういち早く新機能を試してみたいとウズウズしている僕のような人はさっそくパブリック プレビュー モードに切り替えてみたいと思うはずなので、そのために必要な設定方法を確認しながらメモしていきます。

Read More

Microsoft Edge + Outlook on the Web でブラウザのアプリをデスクトップアプリのように利用する

この記事は、Office 365 Advent Calendar 2020 に参加しています。

Office 365 Advent Calendar 2020
https://adventar.org/calendars/5362

実は僕は Outlook を利用するときは、もうほとんどデスクトップにインストールして利用する Outlook は利用していません。ブラウザで利用できる Outlook on the Web を利用しています。

とは言え、毎回ブラウザを開いて Outlook on the Web を開いて…、ということはせず、あたかもデスクトップアプリのように Windows のタスクバーから開いています。

この使い方どうやるの?というのを今日は書いていきます。

Read More

SharePoint モダンサイトのページに指定した YouTube チャンネルの常に最新動画を埋め込んで表示する

SharePoint Online のモダンサイトでは、YouTube Web パーツを利用して簡単に YouTube の動画を埋め込むことができます。

ただしこの方法だと、「YouTube チャンネルの常に最新動画を表示させたい!」と思ったときには、YouTube に動画がアップロードされるたびに YouTube Web パーツの再設定も必要になって非常に手間です。

もっと手軽に常に最新の動画を表示させたい…と思い、その方法を研究してみましたのでメモしておきます。

Read More

Microsoft Teams の Web 会議の通話・通信品質を管理者側から確認してみる

Microsoft Teams で Web 会議を行うことも増えてきましたね。そうした Web 会議でもネットワークが良くないのか、ときどき通話品質が悪く声がハッキリと聞こえないといった現象が起こることがあります。

毎回のことでなければ気にならないとは思いますが、本当にネットワークの通信に問題があったのだろうかと確認したいときは、Microsoft Teams の管理者側から確認することができるようです。

Read More

Power Automate で SQL Server コネクタのトリガーを利用するときはテーブルに特別な列が必要

オンプレミス データ ゲートウェイを構成し、オンプレミスのサーバーにインストールした SQL Server 2019 のデータベースのテーブルに対して、Power Automate のトリガーを仕掛けようとしました。

しかしながら、どうにもこうにもトリガーが動いてくれません。「行を挿入する (V2)」といったアクションは問題なく動くのですが、「項目が作成されたとき (V2)」や「項目が変更されたとき (V2)」といったトリガーが動かないのです。

調べながら試行錯誤したところ、どうやら SQL Server コネクタのトリガーを利用するときには、テーブルに特別な列を作成しておく必要がありました。忘れないように書き留めておきます。

Read More

Power Platform のオンプレミス データ ゲートウェイをセットアップするときにハマったポイント

Power Apps や Power Automate、Power BI からオンプレミスのデータを参照するためには、オンプレミス データ ゲートウェイをセットアップしておく必要があります。

オンプレミス データ ゲートウェイのセットアップ自体はウィザードに従って設定するだけの簡単なものなのですが、セットアップするときにちょっと注意した方が良さそうな点があったので忘れないように書き留めておきます。

Read More