Tag( "Administration" ){ return results; };

Power Apps のキャンバスアプリを Microsoft Teams のチーム(Office 365 グループ)のメンバーと共有する

Power Apps で作成したキャンバスアプリを Microsoft Teams のタブに追加するなどして、チーム(Office 365 グループ)のメンバーと共有して利用したいと思うことは多いと思います。

ただし、Power Apps のアプリを共有できるのは、ユーザー個人かセキュリティグループ、または、「すべてのユーザー」のみのため、チームのメンバーと共有するにはチームのメンバー個別に共有する必要がありました。

そのため、チームのメンバーが変わるごとに Power Apps アプリの共有設定を変更する必要があり正直かなりの手間です。

そう思っていたのですが、いつの間にか公式ドキュメントにキャンバスアプリを Office 365 グループと共有する方法が追加されていました。

Power Apps でキャンバスアプリを共有する – Office 365 グループでアプリを共有する
https://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/share-app#share-an-app-with-office-365-groups

さっそく試してみましょう。

Read More

Microsoft Teams でゲスト アクセスをきちんと設定する場合の設定項目を調べてみた

Microsoft Teams を利用して社外のユーザーとも共同作業を行おうという動きは確実に広まっているように思います。

Microsoft Teams では、裏側の仕組みとして Azure Active Directory や Office 365 グループ、そして、SharePoint Online を利用しており、きちんとゲスト アクセスを設定するためにはそれらの設定の確認も必要になります。

どういった設定項目があるのかを確認してみましたので書いておきます。

Read More

Microsoft Teams の PowerShell を利用してチームの棚卸を実施する

Microsoft Teams を利用していると、テナント内にチームが数多く作成されることは避けられないことであり、それだけ Microsoft Teams が利用されていることでもあります。

ただ、管理者としては、不適切な運用がされているチームなどを管理したいとも思うでしょうし、そのために棚卸のような作業を行われている管理者も多いかと思います。

Microsoft Teams の PowerShell を利用すると棚卸も効率化できるのではないかと思いましたので、その一例を書いておきます。

ちなみに、Microsoft Teams の PowerShell は、今日現在バージョンは 1.0.3 ですね。

MicrosoftTeams 1.0.3
https://www.powershellgallery.com/packages/MicrosoftTeams/1.0.3

事前にインストールしておきましょう。

Read More

Microsoft Teams 外部アクセス(フェデレーション)のネイティブチャットを試してみる

昨年の終りごろに展開されたと思われる機能で、Microsoft Teams の外部アクセスでネイティブチャットがサポートされました。

これを利用することで、1 : 1 のやり取りには限りますが、より気軽に社外ユーザーとも Microsoft Teams チャットや通話といった機能を利用したコミュニケーションを行うことができます。

その動作をちょっと試してみましたのでメモしておきます。

Read More

Microsoft Teams の社外ユーザーのプライベートチャットの履歴を確認する

Microsoft Teams では、社外ユーザーをチームに招待して行うチャネルチャットのほかに、1 : 1 などで行うプライベートチャットを利用できます。

社内ユーザー同士の場合、このプライベートチャットの履歴は各ユーザー個人の Exchange Online メールボックスにコピーされているため、監査などの時にはその社内ユーザーのメールボックスの中を検索することで確認することができます。

では、メールボックスを持たない社外ユーザーのプライベートチャットの履歴はどうやって確認することができるのか。

ちょっと試してみたのでメモしておきます。

Read More

モダンサイトを利用する場合の既定で作成されている SharePoint グループの設定変更時の注意点

さまざまな企業で運用されている SharePoint Online を見ていると、既定で作成される SharePoint グループ(<サイト名> 所有者、<サイト名> メンバー、<サイト名> 閲覧者)を削除し、独自に作成した SharePoint グループで運用している場合もあります。

ただし、SharePoint モダンサイト(コミュニケーション サイト)で利用する場合には、このグループを削除してしまうとモダンサイトの UI 上の不都合があるようなので注意が必要です。

そこで今回は、その動作や既にそうなってしまっている場合の対応方法を書いておきたいと思います。

Read More

Office 365 / Azure Active Directory にゲスト招待できる社外ユーザーのメールドメインを制限する

Office 365 を利用していて社外ユーザーとの共有を行おうとした場合、無制限に社外ユーザーを招待可能となると少々不安です。

たとえば、Gmail や Yahoo! メールなどのフリーメールを招待できる状態では、ゲスト招待した相手の特定が難しくなる可能性もあるからです。

社外ユーザーを招待する場合の運用として、社内ユーザーの申請に応じてテナントの管理者があらかじめ Azure AD に登録した社外ユーザーとのみ共有させるなどの運用も考えられますが、その申請をどのような基準で承認または却下するかを考えると簡単ではなく、実効性にも疑問が残ります。

となると、業務上必要なパートナー企業などの特定の企業のユーザーであれば、社内ユーザーが自由に社外ユーザーとしてゲスト招待できるというルールの方が有用な場合も考えられます。

というわけで、そうした特定の企業の、つまりは、特定のメールドメインのユーザーのみを招待できる設定はできないかな?と思い試してみました。

Read More

Microsoft Flow で Office 365 の障害情報をチェックする

Office 365 の障害情報は、Office 365 の管理者であれば Microsoft 365 管理センターから確認することができますが、毎回確認しにいくのも面倒ですし、管理者以外のユーザーとも共有しておきたいといった要望も出てくることがあります。

また、こうした障害情報は、現在プレビュー中の Office 365 Service Communications API を利用することで取得することができます。

Office 365 Service Communications API reference (Preview)
http://docs.microsoft.com/en-us/office/office-365-management-api/office-365-service-communications-api-reference

HTTP を利用した REST API で取得できるのであれば、Microsoft Flow の HTTP アクションを利用して要望が実現できそうだなと思い試してみました。

Read More