Administration

Exchange Online

(検証中)Viva Engage から社内の全ユーザーに届くメールを管理者が一括で無効化する

(2023/8/31)この記事の内容は検証中です。動作が確認できたら書き換えます。 Viva Engage (Yammer) に関する少ない要望のひとつが、毎週のように社内の全ユーザーに送られてくる通知メールを、管理者によって一括で無効化する方法がないのかというものです。 残念ながらこのメールを無効化する管理者メニューは提供されていないため、何かしら他の工夫をして対処するしかありません。というわけで、Exchange Online のメールフロールールを利用して、ユーザーに届...
OneDrive for Business

Get-SPOTenant で取得できる 3 つの SharingCapability を調べてみる

近ごろ Twitter で話題を見かけて気になったものがありました。SharePoint Online 管理シェルからテナント設定を確認したときに、SharingCapability プロパティの他に、CoreSharingCapability や OneDriveSharingCapability といったプロパティも存在するというものです。 以前はこれらのプロパティが無かったと思ったので、どういった動きをするのか確認してみました。
SharePoint Online

SharePoint サイトのサイト共有設定を見直そう。そのサイトは誰が共有できる?

SharePoint サイトの権限管理は、サイトに対して誰がアクセスできるのか?の他に、そのサイトに他のユーザーを追加できるのは誰か?という観点もあります。その設定が「サイト共有設定」です。 しっかりと IT 部門などの管理者がサイトの権限管理を行おうとしたときに、この設定が実は重要になるので、少しだけ設定について紹介しておこうと思います。特に、社内でポータルサイトなどを作ろうとしたときには、見直しておきたい設定です。
スポンサーリンク
Office 365

Power Automate で Microsoft 365 の障害情報をチェックする(Graph API 版)

Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターを確認していたところ、以前に下記の投稿で紹介した手法が 2021 年 12 月 17 日で利用できなくなるようでした。どうやら、これまで利用できていた manage.office.com のエンドポイントが停止するようですね。 Microsoft Flow で Office 365 の障害情報をチェックする というわけで、さっそく Microsoft Graph API に作り替えてみようと思います。
SharePoint Online

Microsoft Edge で SharePoint Online の「エクスプローラーで表示」を有効化した場合の動作を確認する

Microsoft 365 を利用する際の Internet Explorer のサポートが終了しました。これによって SharePoint Online で利用できていた、Internet Explorer でだけ機能した「エクスプローラーで表示」の利用が非推奨となりました。 Microsoft は OneDrive クライアントの利用を推奨しているわけですが、それでも「エクスプローラーで表示」を利用したいという声も少なくないのか、Microsoft Edge でこの機能を...
Microsoft Teams

Microsoft Teams の PowerShell がバージョン 2.0.0 になって Get-Team のパフォーマンスも大幅に向上

ふと、Microsoft Teams の PowerShell を使ってみようかなと思ったところ、いつの間にかバージョン 2.0.0 がリリースされていました。 PowerShell Gallery | MicrosoftTeams 2.0.0 どこが変わったんだろうと情報を調べてみます。
Microsoft Teams

Microsoft アカウントも不要になるワンタイムパスコード認証のゲスト招待を試してみた

Microsoft Teams で社外のユーザーをチームに招待し利用することも多くありますよね。そうしたときに、相手がすでに Office 365 を利用していたり、または、個人用の Microsoft アカウントを利用していた場合には、それらのアカウントを招待しゲストとしてチームのメンバーに加えることができます。 問題になるのは、相手が Office 365 も利用しておらず、Microsoft アカウントも持っていない場合です。従来は、ゲストとして招待された後で Micr...
Exchange Online

Exchange Online でプラスアドレスを有効化してみよう

(2023/3/20 追記)2022 年 5 月の時点でプラスアドレスは既定で有効になったようです。 2020 年の 10 月末ごろに、Exchange Online にプラスアドレスの機能が追加されたのをご存じでしょうか? Plus Addressing Now Available in Exchange Online Gmail だと以前から使うことができた機能なのですが、メールをより便利により効率よく利用するための機能なんですよ。今回は、このプラスアドレスの機能について...
Microsoft Forms

Power Automate から Azure Automation を呼び出してクラウド上で PowerShell を実行してみる

前回の記事で、PowerSell を利用して Microsoft Teams にチームを作成し、合わせて必要な設定を行うといった方法を紹介しました。 PowerShell を使って Microsoft Teams のチームを作成するついでにチームのゲスト共有を無効化する このように、Microsoft 365 の管理のために PowerShell を利用している管理者の方も多くいると思いますが、PowerShell を実行するためにはパソコンが必要になります。 しかしながら、...
Microsoft Teams

PowerShell を使って Microsoft Teams のチームを作成するついでにチームのゲスト共有を無効化する

Microsoft Teams は社外のユーザーをゲストとしてチームに招待することで、チームの中でチャットやファイル共有、Web 会議などさまざま行うことができます。しかし、チームの用途によってはユーザーが間違えて社外のメンバーを加えてしまっては困るといった場合もあるかもしれません。または、IT 部門などが許可したチームのみゲスト共有させたいと思うかもしれません。 Microsoft Teams では、社外のユーザーをゲストとして招待できるかどうかは、テナント全体の設定によっ...
Microsoft Teams

作成済みの Microsoft 365 グループに Microsoft Teams のチームを追加する

Microsoft 365 管理センターや Azure ポータルで作成された Microsoft 365 グループ(旧 Office 365 グループ)は、Microsoft Teams のチームが追加されていません。例えば IT 部門が社内の部署ごとに Microsoft 365 グループを作成し、そのグループのメンバーで利用する Microsoft Teams のチームが必要な場合、Microsoft 365 グループの所有者がチームを作成するか、IT 部門があらかじめチ...
SharePoint Online

SharePoint Online の組織のアセットライブラリを利用して Office のテンプレートを共有する

SharePoint Online の組織のアセットライブラリを利用すると、モダンサイト作成時に利用できる画像をユーザーと共有することができます。このあたりは昨年にブログに書いていましたね。 SharePoint Online で組織のアセットライブラリを設定しよう 実は、この組織のアセットライブラリを利用すると、PowerPoint や Excel や Word などのテンプレートファイルも共有でき、資料を新規作成するときに Office から簡単に利用できるようになってい...
Microsoft Teams

Microsoft Teams をパブリック プレビュー モードに切り替えてみる

Microsoft Teams の新機能をいち早く試してユーザー展開に向けた準備を行ったりできるパブリック プレビュー モードの提供が開始されたことが発表されました。 Launch of Microsoft Teams preview experience and alignment with Microsoft 365 deployment channels もういち早く新機能を試してみたいとウズウズしている僕のような人はさっそくパブリック プレビュー モードに切り替えてみ...
Microsoft Teams

Microsoft Teams の Web 会議の通話・通信品質を管理者側から確認してみる

Microsoft Teams で Web 会議を行うことも増えてきましたね。そうした Web 会議でもネットワークが良くないのか、ときどき通話品質が悪く声がハッキリと聞こえないといった現象が起こることがあります。 毎回のことでなければ気にならないとは思いますが、本当にネットワークの通信に問題があったのだろうかと確認したいときは、Microsoft Teams の管理者側から確認することができるようです。
Power Platform

Power Platform のオンプレミス データ ゲートウェイをセットアップするときにハマったポイント

Power Apps や Power Automate、Power BI からオンプレミスのデータを参照するためには、オンプレミス データ ゲートウェイをセットアップしておく必要があります。 オンプレミス データ ゲートウェイのセットアップ自体はウィザードに従って設定するだけの簡単なものなのですが、セットアップするときにちょっと注意した方が良さそうな点があったので忘れないように書き留めておきます。
スポンサーリンク