Tag( "Administration" ){ return results; };

SharePoint Online 管理シェルでモダン サイトを作成する

SharePoint Online 管理シェルからサイト コレクションを作成するには、みなさんご存知の通り New-SPOSite を利用するわけですが、つい先日までは、このコマンドでは SharePoint Online のモダン サイトを作成することができませんでした。

そのため、下記の記事のように REST API を利用して作成を試みていたわけです。

SharePoint Online の新しいコミュニケーション サイトは REST API で作成できるらしい
https://idea.tostring.jp/?p=3257

ところが先ほど確認してみたところ、このコマンドでもモダン サイトを作成できるようになっていたのでメモしておきます。

Read More

拡張された Microsoft Teams の外部ユーザー招待機能(ゲストアクセス)を試してみた

昨年の 9 月に Microsoft Teams に外部ユーザー招待機能(ゲストアクセス)が実装され、他テナントの Office 365 ユーザーをチームに招待して利用できるようになりました。そしておよそ半年経ってついに Office 365 ユーザー “以外も” 招待できるようになったようです。

昨年の外部ユーザー招待機能がリリースされたときの記事は下記です。

Microsoft Teams の外部ユーザー招待機能(ゲストアクセス)を試してみた
https://idea.tostring.jp/?p=3048

そして今回の外部ユーザー招待機能の拡張についての公式リリースは下記です。

Collaborate securely with anyone in Microsoft Teams
https://techcommunity.microsoft.com/t5/Microsoft-Teams-Blog/Collaborate-securely-with-anyone-in-Microsoft-Teams/ba-p/165941

というわけで、今回もやっぱり試してみます。せっかくなので、Microsoft とは全く関係のない「Yahoo! メール(@yahoo.co.jp)」のユーザーを招待してみたいと思います。

招待する側の操作は簡単で、Microsoft Teams のユーザーを追加したいチームから「メンバーを追加」でメール アドレスを入力して追加するだけです。

それでは、招待された側の操作も確認していきましょう。

Read More

Windows や Office のサポート ポリシー変更と企業版 Office 365 ユーザーへの影響

(2018/9/7 追記)このページの情報は古くなっています。最新の情報は、下記リンク先をご確認ください。

Helping customers shift to a modern desktop
https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/blog/2018/09/06/helping-customers-shift-to-a-modern-desktop/

— ここから下の情報は古い情報です —

今月 2 月 1 日(米国時間)に、Windows や Office のサポート ポリシー関連や、Office 2019 の提供方法についてなどが発表されました。

Announcing changes to Office and Windows servicing and support
https://partners.office.com/news/article/announcing-changes-to-office-and-windows-servicing-and-support/

Changes to Office and Windows servicing and support
https://blogs.technet.microsoft.com/windowsitpro/2018/02/01/changes-to-office-and-windows-servicing-and-support/

Windows および Office のサービシングとサポートの変更【2/3 更新】
https://blogs.technet.microsoft.com/mpn_japan/2018/02/03/changes-to-office-and-windows-servicing-and-support/

ここでは、企業で Office 365 を利用しているユーザーへの影響を中心に情報を追ってみたいと思います。

Read More

SharePoint Online の新しいコミュニケーション サイトは REST API で作成できるらしい

PowerShell を使ってサイト作成を自動化や簡略化しようとした時に、SharePoint Online Management Shell(SharePoint Online 管理シェル)を使うことが多いのですが、どうやらこの管理シェルからはモダン UI の新しいコミュニケーション サイトは今のところ作成できないようです。

なんとかならないかなー?と、検索してみたことろ、どうやら REST API では新しいコミュニケーション サイトを作成する操作が提供されているようで、下記のようなリファレンスを見つけました。

Creating SharePoint Communication Site using REST
https://docs.microsoft.com/en-us/sharepoint/dev/apis/communication-site-creation-rest

というわけで、さっそく PowerShell からこの REST API を呼んでみたいと思います。

Read More

SharePoint Server 2016 でも SharePoint Framework の Web パーツが展開可能に

SharePoint Server 2016 向けにリリースされた September 2017 Public Update により、オンプレミスの SharePoint Server 2016 の環境においても、SharePoint Framework で作成された Web パーツが展開可能になりました。

Now available: Deploy SharePoint Framework web parts to SharePoint Server 2016 with Feature Pack 2
https://dev.office.com/blogs/now-available-deploy-sharepoint-framework-web-parts-to-sharepoint-server-2016-with-feature-pack-2

Read More

Microsoft Teams の外部ユーザー招待機能(ゲストアクセス)を試してみた

Microsoft Teams の外部ユーザー招待機能(ゲストアクセス)がリリースされたようなので、ちょっとだけ動作確認を行ってみましたのでメモ。また、これはちょいと注意したほうが良いかな?というところも。

いまのところ英語だけですが、公式のリリースは下記のページです。

Expand your collaboration with guest access in Microsoft Teams
https://blogs.office.com/en-us/2017/09/11/expand-your-collaboration-with-guest-access-in-microsoft-teams/

(2017/9/12 追記)さっそく日本語訳も公開されました。早い。

Microsoft Teams のゲスト アクセスで共同作業に参加できるユーザーを拡大
https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_office_/2017/09/12/expand-your-collaboration-with-guest-access-in-microsoft-teams/

どうやら、現時点で外部ユーザーとして招待できるのは、Office 365 ユーザーのような Azure Active Directory のユーザーだけのようです。今後、Microsoft アカウントも招待できるようにするとのことですね。

(2018/12/06 追記)2018 年の春ごろから、ゲストとして招待できる対象が拡張されています。

ビジネスやコンシューマー電子メール アカウントを Outlook、Gmail、またはその他のユーザーなど、すべてのユーザーは、チーム チャット、会議、およびファイルへのフル アクセスを持つチームにゲストとして参加できます。

ゲストがチームに参加する方法
https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/guest-joins

(2017/9/12 追記)サポートチームからも日本語で記事が出ていました。今回の記事では紹介できていないところについても記載がありますので、こちらも合わせてご確認ください。

Microsoft Teams にゲストアクセスが追加されました
https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2017/09/12/microsoft-teams-guestaccess/

(2017/9/13 追記)関連情報や他にも試された方の記事を見つけたのでリンクを追加します。

Azure AD B2B Collaboration in Microsoft Teams
https://blogs.technet.microsoft.com/enterprisemobility/2017/09/11/azure-ad-b2b-collaboration-in-microsoft-teams/

Microsoft Teams のゲストアクセスを試す – kazuakix の日記
http://blog.kazuakix.jp/entry/2017/09/12/205824

Microsoft Teams のゲストアクセスの機能を使ってみた(トラブルも) – Art-Break : Tech ;
http://art-break.net/tech/?p=1134

Read More

SharePoint Online で作成済みサイト コレクションのサイト テンプレートを確認する

SharePoint Online でサイト コレクションを作成し、その後で機能の有効化・無効化やカスタマイズを行っていくと、「あれ?このサイト コレクションって元々なんのテンプレートで作ったんだっけ?」ということがあります。

作成時のサイト テンプレートを SharePoint Online Management Shell を使って確認する方法をご紹介します。

Read More

Office 365 グループに紐付く SharePoint チーム サイトの URL 管理パス

Office 365 グループを作成すると、SharePoint Online のチーム サイトも同時に作成されます。Office 365 グループで共有されたファイルなどは、このチーム サイトのドキュメント(ドキュメント ライブラリ)に保存され、一元管理できるというのが良い点です。

さて、SharePoint チーム サイトの「管理パス」についてです。従来通り、SharePoint 管理センターからサイト コレクションを作成しようとした場合、「Web サイトのアドレス」として sharepoint.com 直後のパスを 「/sites/」または「/teams/」から選択可能となっています。これは、SharePoint では「管理パス」と呼ばれるもので、SharePoint Server では管理者が自由に追加できるのですが、SharePoint Online では追加することができません。

また、ユーザーが任意のタイミングで作成できる Office 365 グループに紐付く SharePoint Online のチーム サイトでは、管理者があらかじめ「/sites/」か「/teams/」のどちらを利用してチーム サイトを作成させるかを設定できるようでした。

SharePoint Online のサイト コレクションの URL 管理においては、意外と重要になる設定かなーと思い書き留めておきます。

Read More