Tag( "Configuration" ){ return results; };

Office の Azure Information Protection クライアントのサインイン ユーザーを切り替える

Office で Azure Information Protection や秘密度ラベルを利用するためには、AIP クライアントをアドオンとしてインストールします。

Azure Information Protection のクライアント | Microsoft Docs
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/information-protection/rms-client/use-client

実際に利用するときには問題とならないのですが、検証時などには AIP クライアントにサインインするユーザーを切り替えたい場合が多々あります。いつも検証するたびに、このユーザーの切り替え方法を忘れてしまうので、手順をメモしておきたいと思います。

Read More

Microsoft アカウントも不要になるワンタイムパスコード認証のゲスト招待を試してみた

Microsoft Teams で社外のユーザーをチームに招待し利用することも多くありますよね。そうしたときに、相手がすでに Office 365 を利用していたり、または、個人用の Microsoft アカウントを利用していた場合には、それらのアカウントを招待しゲストとしてチームのメンバーに加えることができます。

問題になるのは、相手が Office 365 も利用しておらず、Microsoft アカウントも持っていない場合です。従来は、ゲストとして招待された後で Microsoft Teams にサインインするときに Microsoft アカウントの作成を求められたりしました。

拡張された Microsoft Teams の外部ユーザー招待機能(ゲストアクセス)を試してみた
https://idea.tostring.jp/?p=3420

招待されただけの Microsoft Teams を利用するために、Microsoft アカウントを作成して、パスワードも覚えておかなきゃいけないなんて苦痛でしかないというわけだったんです。それを解決できるかもしれないのがワンタイムパスコード認証です。

Read More

Exchange Online でプラスアドレスを有効化してみよう

2020 年の 10 月末ごろに、Exchange Online にプラスアドレスの機能が追加されたのをご存じでしょうか?

Plus Addressing Now Available in Exchange Online
https://techcommunity.microsoft.com/t5/exchange-team-blog/plus-addressing-now-available-in-exchange-online/ba-p/1824651

Gmail だと以前から使うことができた機能なのですが、メールをより便利により効率よく利用するための機能なんですよ。今回は、このプラスアドレスの機能について書き留めておきます。

Read More

SharePoint Online の組織のアセットライブラリを利用して Office のテンプレートを共有する

SharePoint Online の組織のアセットライブラリを利用すると、モダンサイト作成時に利用できる画像をユーザーと共有することができます。このあたりは昨年にブログに書いていましたね。

SharePoint Online で組織のアセットライブラリを設定しよう
https://idea.tostring.jp/?p=4706

実は、この組織のアセットライブラリを利用すると、PowerPoint や Excel や Word などのテンプレートファイルも共有でき、資料を新規作成するときに Office から簡単に利用できるようになっていました。

これを使うとすごく便利そうだったので、手順をメモしておきます。

Read More

Microsoft Teams をパブリック プレビュー モードに切り替えてみる

Microsoft Teams の新機能をいち早く試してユーザー展開に向けた準備を行ったりできるパブリック プレビュー モードの提供が開始されたことが発表されました。

Launch of Microsoft Teams preview experience and alignment with Microsoft 365 deployment channels
https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-teams-blog/launch-of-microsoft-teams-preview-experience-and-alignment-with/ba-p/1964899

もういち早く新機能を試してみたいとウズウズしている僕のような人はさっそくパブリック プレビュー モードに切り替えてみたいと思うはずなので、そのために必要な設定方法を確認しながらメモしていきます。

Read More

Power Automate で SQL Server コネクタのトリガーを利用するときはテーブルに特別な列が必要

オンプレミス データ ゲートウェイを構成し、オンプレミスのサーバーにインストールした SQL Server 2019 のデータベースのテーブルに対して、Power Automate のトリガーを仕掛けようとしました。

しかしながら、どうにもこうにもトリガーが動いてくれません。「行を挿入する (V2)」といったアクションは問題なく動くのですが、「項目が作成されたとき (V2)」や「項目が変更されたとき (V2)」といったトリガーが動かないのです。

調べながら試行錯誤したところ、どうやら SQL Server コネクタのトリガーを利用するときには、テーブルに特別な列を作成しておく必要がありました。忘れないように書き留めておきます。

Read More

Power Platform のオンプレミス データ ゲートウェイをセットアップするときにハマったポイント

Power Apps や Power Automate、Power BI からオンプレミスのデータを参照するためには、オンプレミス データ ゲートウェイをセットアップしておく必要があります。

オンプレミス データ ゲートウェイのセットアップ自体はウィザードに従って設定するだけの簡単なものなのですが、セットアップするときにちょっと注意した方が良さそうな点があったので忘れないように書き留めておきます。

Read More

SharePoint Online で共有された Excel ファイルを Excel Online で開くときはサイトのタイムゾーンに気をつけろ!

SharePoint Online を利用して Office ファイルを共有することも増えてきましたよね。

SharePoint Online を直接利用していなくても、Microsoft Teams のチームを作成するとチームに合わせて SharePoint Online のサイトが裏側に作成されており、チームで共有されているファイルは SharePoint Online に格納されますので、気づけば多くのファイルが SharePoint Online に保存されているはずです。

その SharePoint Online ですが、各サイトごとにタイムゾーンが設定されています。このタイムゾーンの設定が Excel ファイルの関数の処理にも影響を与えていますので覚えておくと良さそうです。

Read More

Available for Amazon Prime