Tag( "Customize" ){ return results; };

おぼえておくと便利そうな Microsoft Flow の変数の種類

前回の投稿では、Microsoft Flow の変数の基本的な利用方法について書きました。

もっと Microsoft Flow を使い倒すための変数の基礎
https://idea.tostring.jp/?p=4753

上の記事の中では、使いやすい「文字列」の変数を扱いながら操作方法を説明したのですが、Microsoft Flow で利用できる変数の種類には、この記事を書いている時点で 6 種類あります。

今回の記事では、それぞれの変数の種類がどういったものであるかを書いていきたいと思います。

Read More

もっと Microsoft Flow を使い倒すための変数の基礎

Microsoft Flow は、トリガーやアクションの組み合わせで様々な処理を自動化することができます。さらには単純な組み合わせ以外にも、「変数」を活用することで、もっと柔軟で動的なより便利な処理を作成することもできます。

正直なところ、変数を使いこなすには「プログラミング的な考え方」が多少は必要となり、これまでそうした経験のない方には難しいかもしれません…、が、使えるときっと楽しくなりますよ!

Read More

SharePoint モダンリスト フォームを PowerApps でカスタマイズするときの SharePointIntegration コントロールを調べる

PowerApps では、モバイル向けやパソコンの Web ブラウザ向けのアプリを作成できるほかに、SharePoint モダンリストのフォームをカスタマイズすることもできます。

フォームのカスタマイズにおいても、基本的な操作は PowerApps でのアプリ作成と変わらないのですが、SharePointIntegration という見慣れないコントロールが追加されています。

これは知っておいた方が良さそうだなというわけで、調べてみました。

この記事は、僕が PowerApps を学びながら書くシリーズです。5 部作を想定していましたので、いちおう最後です。

Read More

PowerApps の変数の使い方と使いどころ

PowerApps でアプリを作成する場合、変数を利用する必要性が出てくることがあります。ただ、この変数という存在は目に見えづらく、これまでプログラミング(コーディング)を経験したことのないユーザーにはひとつのハードルにもなっているような気がしています。

とは言えやっぱり変数を利用できた方が、作成できるアプリの幅も大きく異なってくるというわけで、PowerApps のキャンバス アプリでの変数の動作について僕が勉強したときの手順や理解の内容を書いてみたいと思います。

さきに書いておくと、勉強してみて思ったことは「出来る限り変数は使わない方が良い」ということです。その理由は、記事の最後のほうに書いてあります。

この記事は、僕が PowerApps を学びながら書くシリーズです。

Read More

PowerApps の特殊なシンボル Parent と ThisItem を知っておく

PowerApps で SharePoint Online のリストなどからアプリを作成するとフォームが自動作成されるわけですが、このフォームをカスタマイズしていこうと思うと Parent や ThisItem などの特殊なシンボルが出てきます。なんだか突然出てきますし、その時々で指し示す値も違っているように見えるのでなかなか分かりづらい存在です。

このシンボルがどんなものかを知っておくことが PowerApps アプリの作成やカスタマイズのために必要な気がしましたので、さっそく調べてまとめてみました。

この記事は、僕が PowerApps を学びながら書くシリーズです。

Read More

おぼえておくと便利そうな PowerApps の変数やコレクションの基礎

PowerApps でアプリを作成する場合、変数やコレクションを利用することでより高度なアプリを作成できるようになります。PowerApps のアプリ内で変数やコレクションには次の種類があります。

  • グローバル変数
  • コンテキスト変数
  • コレクション

今回は僕が PowerApps の使い方を学びながら、このあたりをおぼえておくと便利そうだなと思ったところをメモしておきます。

また、PowerApps で扱われる値にはいくつかのデータ型があるようで、そちらも調べてみました。

この記事は、僕が PowerApps を学びながら書くシリーズです。

Read More

SharePoint Online モダン ページで “ちょっと” カスタマイズできる方法を模索してみる

SharePoint Online のモダン ページを利用すると、ユーザーが自由にページのレイアウトを作成したり必要な Web パーツを配置したりといったことが簡単にできます。

しかし一方で、何かしら “ちょっと” カスタマイズしたいなと思ったときには SharePoint Framework を利用して Web パーツの作成が必要だったりなど、その “ちょっと” が難しくなってもいます。

従来であればコンテンツ エディタ Web パーツやスクリプト エディタ Web パーツを利用して JavaScript などで “ちょっと” のカスタマイズができたのですが、残念ながらこうした機能はモダン ページでは提供されていません。

というわけで、これはどうにかならないものかなーと思い、調べたり試行錯誤したりと模索しています。

Read More

JS リンクで列の値に応じて行の色を変える(クイック編集モード対応)

この記事は、Office 365 Advent Calendar 2017 に参加しています。

Office 365 Advent Calendar 2017
https://adventar.org/calendars/2585

SharePoint Server 2013 以降や、SharePoint Online の “クラシック UI” のリストで利用できる JS リンクを使って、列に入力された値に応じて行の色を変える方法です。

JS リンクの OnPostRender を利用する方法でイルミネート・ジャパン・ブログさんに記事がありますが、こちらのサンプルではリストのクイック編集モードに対応していないようでしたので、クイック編集モードに対応するように少しだけ書き足してみました。

[SharePoint Online/SharePoint Server 2013] JS リンクでリストビューに条件付き書式設定 | イルミネート・ジャパン ブログ
https://crieilluminate.wordpress.com/2016/01/26/sharepoint-onlinesharepoint-server-2013-js-%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A7%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%81%AB%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E4%BB%98%E3%81%8D%E6%9B%B8%E5%BC%8F/

とは言っても、ほんの数行書き足しただけです。

Read More