Tag( "Office 365 Groups" ){ return results; };

作成済みの Microsoft 365 グループに Microsoft Teams のチームを追加する

Microsoft 365 管理センターや Azure ポータルで作成された Microsoft 365 グループ(旧 Office 365 グループ)は、Microsoft Teams のチームが追加されていません。例えば IT 部門が社内の部署ごとに Microsoft 365 グループを作成し、そのグループのメンバーで利用する Microsoft Teams のチームが必要な場合、Microsoft 365 グループの所有者がチームを作成するか、IT 部門があらかじめチームを作成する必要があります。

ここでは、そうしたチームの作成方法を書いておきたいと思います。

Read More

Power Apps のキャンバスアプリを Microsoft Teams のチーム(Office 365 グループ)のメンバーと共有する

Power Apps で作成したキャンバスアプリを Microsoft Teams のタブに追加するなどして、チーム(Office 365 グループ)のメンバーと共有して利用したいと思うことは多いと思います。

ただし、Power Apps のアプリを共有できるのは、ユーザー個人かセキュリティグループ、または、「すべてのユーザー」のみのため、チームのメンバーと共有するにはチームのメンバー個別に共有する必要がありました。

そのため、チームのメンバーが変わるごとに Power Apps アプリの共有設定を変更する必要があり正直かなりの手間です。

そう思っていたのですが、いつの間にか公式ドキュメントにキャンバスアプリを Office 365 グループと共有する方法が追加されていました。

Power Apps でキャンバスアプリを共有する – Office 365 グループでアプリを共有する
https://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/share-app#share-an-app-with-office-365-groups

さっそく試してみましょう。

Read More

導入検討時に知っておいて損はない Microsoft Teams のアーキテクチャ

この記事は、Office 365 Advent Calendar 2018 に参加しています。

Office 365 Advent Calendar 2018
https://adventar.org/calendars/3184

2018 年も残りわずかですが、そろそろ Microsoft Teams を本格的に導入しようと考えている Office 365 ユーザー企業も多いかと思いますが、そんな検討段階で知っておいて損はないのが Microsoft Teams のアーキテクチャです。

単なるチャットツールではない Microsoft Teams は、実はちょっとだけ複雑なアーキテクチャの上で動いているようです。今回はそのあたりを少しだけ紹介します。

Read More

SharePoint Online 既存のチーム サイトに Office 365 グループを接続してみた

Microsoft からの先月末のアナウンスによると、いよいよ既存の(すでに作成済みの)SharePoint Online チーム サイト(クラシック表示)に、Office 365 グループを接続できるようになるとのことで、さっそく試してみたので記録を残しておきます。

アナウンスは、下記のリンク先ですね。

Rolling out: tenant admin tools to connect existing SharePoint team sites to new Office 365 Groups
https://techcommunity.microsoft.com/t5/SharePoint-Blog/Rolling-out-tenant-admin-tools-to-connect-existing-SharePoint/ba-p/188750

それでは実際にやってみましょう。

Read More

コミュニケーション編 Office 365 で利用できる機能・サービス(2017 年 12 月版)

この記事は、Office 365 Advent Calendar 2017 に参加しています。

Office 365 Advent Calendar 2017
https://adventar.org/calendars/2585

Office 365 Advent Calendar では、昨年は「コミュニケーション編 Office 365 で利用できる機能・サービス(2016 年 12 月版)」を投稿しましたが、今年は 2017 年 12 月版として主に今年のアップデートした内容を振り返りながら投稿してみようかと思います。

ちなみに、去年の記事は下記のリンク先です。合わせて読んでいただけるとありがたいです。

コミュニケーション編 Office 365 で利用できる機能・サービス(2016 年 12 月版)
https://idea.tostring.jp/?p=2413

さらに、おととしの記事もあります。

コミュニケーション編 Office 365 で利用できる機能・サービス(2015 年 12 月版)
https://idea.tostring.jp/?p=1921

Read More

Microsoft Stream が一般提供開始されました

長らくプレビューが続いていた Office 365 の新しい動画共有サービスの Microsoft Stream が一般提供開始されました。

Microsoft Stream now available worldwide—new intelligent features take enterprise video to new heights
https://blogs.office.com/2017/06/20/microsoft-stream-now-available-worldwide-new-intelligent-features-take-enterprise-video-to-new-heights/

Office 365 では、これまでも Office 365 Video と呼ばれる動画共有サービスを提供していましたが、Office 365 Video の利用率の伸びが好調で、企業内等での動画共有の需要が高まっていることから、より機能が強化された後継サービスを目指して Microsoft Stream を提供することになったようです。それではさっそく、気になるところをまとめてみます。

Read More

Office 365 グループに紐付く SharePoint チーム サイトの URL 管理パス

Office 365 グループを作成すると、SharePoint Online のチーム サイトも同時に作成されます。Office 365 グループで共有されたファイルなどは、このチーム サイトのドキュメント(ドキュメント ライブラリ)に保存され、一元管理できるというのが良い点です。

さて、SharePoint チーム サイトの「管理パス」についてです。従来通り、SharePoint 管理センターからサイト コレクションを作成しようとした場合、「Web サイトのアドレス」として sharepoint.com 直後のパスを 「/sites/」または「/teams/」から選択可能となっています。これは、SharePoint では「管理パス」と呼ばれるもので、SharePoint Server では管理者が自由に追加できるのですが、SharePoint Online では追加することができません。

また、ユーザーが任意のタイミングで作成できる Office 365 グループに紐付く SharePoint Online のチーム サイトでは、管理者があらかじめ「/sites/」か「/teams/」のどちらを利用してチーム サイトを作成させるかを設定できるようでした。

SharePoint Online のサイト コレクションの URL 管理においては、意外と重要になる設定かなーと思い書き留めておきます。

Read More

Office 365 グループに紐付く SharePoint サイトの権限設定を確認してみた

Office 365 グループでは、グループ作成時に紐付く SharePoint サイトが作成されるようになりました。ただ、サイトの権限を従来のように SharePoint の UI からは設定できず、すべて Office 365 グループの設定から行うようになっています。

これまでもずっと SharePoint に触れてきた方にとっては、ヒジョーに気持ち悪いですよね?というわけで、どういった権限になっているか確認してみました。

Read More

Available for Amazon Prime