Tag( "PowerShell" ){ return results; };

Power Apps のキャンバスアプリを Microsoft Teams のチーム(Office 365 グループ)のメンバーと共有する

Power Apps で作成したキャンバスアプリを Microsoft Teams のタブに追加するなどして、チーム(Office 365 グループ)のメンバーと共有して利用したいと思うことは多いと思います。

ただし、Power Apps のアプリを共有できるのは、ユーザー個人かセキュリティグループ、または、「すべてのユーザー」のみのため、チームのメンバーと共有するにはチームのメンバー個別に共有する必要がありました。

そのため、チームのメンバーが変わるごとに Power Apps アプリの共有設定を変更する必要があり正直かなりの手間です。

そう思っていたのですが、いつの間にか公式ドキュメントにキャンバスアプリを Office 365 グループと共有する方法が追加されていました。

Power Apps でキャンバスアプリを共有する – Office 365 グループでアプリを共有する
https://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/share-app#share-an-app-with-office-365-groups

さっそく試してみましょう。

Read More

Microsoft Teams の PowerShell を利用してチームの棚卸を実施する

Microsoft Teams を利用していると、テナント内にチームが数多く作成されることは避けられないことであり、それだけ Microsoft Teams が利用されていることでもあります。

ただ、管理者としては、不適切な運用がされているチームなどを管理したいとも思うでしょうし、そのために棚卸のような作業を行われている管理者も多いかと思います。

Microsoft Teams の PowerShell を利用すると棚卸も効率化できるのではないかと思いましたので、その一例を書いておきます。

ちなみに、Microsoft Teams の PowerShell は、今日現在バージョンは 1.0.3 ですね。

PowerShell Gallery | MicrosoftTeams
https://www.powershellgallery.com/packages/MicrosoftTeams/

事前にインストールしておきましょう。

Read More

SharePoint Online で組織のアセットライブラリを設定しよう

SharePoint Online のモダンサイトを利用するときに、ページやニュースなどを使ってさまざまなコンテンツを作成する際に写真や画像やアイコンを利用したくなることが多くあります。

こうした社内のサイトで利用できるような写真や画像を普段から手元に持っている人は多くないでしょうし、社内で利用するとなると著作権などの権利の問題も気になるところです。

SharePoint Online で利用可能になる「組織のアセットライブラリ」を利用すると、こうしたページやニュースを作成するときに自由に利用できる社内向けの写真や画像(アセット)をユーザーと共有することができます。

たとえば企業のロゴや製品のロゴなどの他に、普段から業務として写真を撮影したり画像を作成することも多いような広報の担当者などが用意した写真や画像などを共有しておくことで、ユーザーは簡単にそれらを利用でき、より華やかで興味をひくページやニュースを作成できるようになります。

というわけで、さっそく設定してみましょう。

Read More

Microsoft Teams の PowerShell コマンドレットが 1.0.0 になりました

Microsoft Teams の PowerShell コマンドレットにバージョン 1.0.0 が登場し、いよいよ一般提供開始(General Availability)となりました!

PowerShell Gallery | MicrosoftTeams 1.0.0
https://www.powershellgallery.com/packages/MicrosoftTeams/1.0.0
Microsoft Teams PowerShell Module General Availability
https://techcommunity.microsoft.com/t5/Microsoft-Teams-Blog/Microsoft-Teams-PowerShell-Module-General-Availability/ba-p/480934

これで、日ごろの運用においても PowerShell から色々と操作を行えるようになると思いますので、さっそく少し触ってみます。

Read More

Office 365 の管理に PowerShell を使ってみよう「Office 365 管理者のための逆引き PowerShell ハンドブック」が発売されました

私も共著で参加させていただいた書籍「Office 365 管理者のための逆引き PowerShell ハンドブック」が発売されました。Amazon で購入できるほか、書店にも並び始めているようです。

というわけで、少しだけご紹介します。

Read More

SharePoint Online 既存のチーム サイトに Office 365 グループを接続してみた

Microsoft からの先月末のアナウンスによると、いよいよ既存の(すでに作成済みの)SharePoint Online チーム サイト(クラシック表示)に、Office 365 グループを接続できるようになるとのことで、さっそく試してみたので記録を残しておきます。

アナウンスは、下記のリンク先ですね。

Rolling out: tenant admin tools to connect existing SharePoint team sites to new Office 365 Groups
https://techcommunity.microsoft.com/t5/SharePoint-Blog/Rolling-out-tenant-admin-tools-to-connect-existing-SharePoint/ba-p/188750

それでは実際にやってみましょう。

Read More

PowerShell の CSOM を使って SharePoint Online の 5,000 件を超えるアイテムが格納されたリストから全アイテムを取得する

SharePoint Online を利用していると、リストに格納されたアイテムが 5,000 件を超えることも珍しくありません。こうしたリストのアイテムを PowerShell の CSOM で扱おうと思うと、5,000 件の壁にぶつかります。

これは、SharePoint Online からは一度に 5,000 件より多いアイテムを取得できないためです。ではどうするかというと、5,000 件の制限の範囲内で小分けにしてアイテムを取得していきます。ページングというやつですね。

ではさっそくスクリプトを見ていきましょう。

Read More

SharePoint Online 管理シェルでモダン サイトを作成する

SharePoint Online 管理シェルからサイト コレクションを作成するには、みなさんご存知の通り New-SPOSite を利用するわけですが、つい先日までは、このコマンドでは SharePoint Online のモダン サイトを作成することができませんでした。

そのため、下記の記事のように REST API を利用して作成を試みていたわけです。

SharePoint Online の新しいコミュニケーション サイトは REST API で作成できるらしい
https://idea.tostring.jp/?p=3257

ところが先ほど確認してみたところ、このコマンドでもモダン サイトを作成できるようになっていたのでメモしておきます。

Read More