個人向け、ご家庭向けの Office 365 が Microsoft 365 への名称変更が話題になっています。日本では Microsoft 365 Personal のみが提供されるとの情報が出ているようですね。

新たに提供予定の Microsoft 365 Personal について
https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/03/31/200331-introducing-new-microsoft-365-personal-family-subscriptions/

それでは企業向けはどうなるのかを調べてみましょう。

企業向けも名称変更

企業向けも名称変更があるようです。

New Microsoft 365 offerings for small and medium-sized businesses
https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/blog/2020/03/30/new-microsoft-365-offerings-small-and-medium-sized-businesses/

日本語の情報ではこのあたりですね。

Microsoft 365 とは
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/what-is-microsoft-365

FAQ を確認したところ、ポイントは次の 3 つですね。

  • 新しい Microsoft 365 に名称が変更されるのは、一般法人向け(中小企業向け)プランのみ。
  • 新しい Microsoft 365 には、これまでの対応する Office 365 プランで利用できていた機能がすべて含まれる。
  • 新しい Microsoft 365 に名称が変更されても、サブスクリプションの料金には変更がない。

とりあえずは、名称の変更だけのようです。

一般法人向け(中小企業向け)プランの名称変更

名称が変わるのは、最大 300 ユーザーまで契約可能な一般法人向け(中小企業向け)プランのみのようです。

旧名称 新名称
Office 365 BusinessMicrosoft 365 Apps for Business
Office 365 Business EssentialsMicrosoft 365 Business Basic
Office 365 Business PremiumMicrosoft 365 Business Standard
Microsoft 365 BusinessMicrosoft 365 Business Premium

旧名称では Office 365 と Microsoft 365 の 2 ブランドに分かれていましたが、それらが Microsoft 365 ブランドに統一される形になりました。

Microsoft 365 Apps for Business

このプランは、デスクトップ版の Office アプリと OneDrive for Business のクラウドストレージが提供されるものですね。ほかのクラウドサービス付きのプランとの違いが、新名称では「Apps」によって強調される形になったのだと思います。

Microsoft 365 Business Basic

このプランは、Exchange Online や SharePoint Online のほか Microsoft Teams などのクラウドサービスが中心となるプランで、デスクトップ版の Office アプリが含まれません。

日本国内で流通する Windows パソコンでは、Office Home & Business がバンドルされていることが多いですので、デスクトップ版アプリを利用する場合にはそちらを利用することも検討できると思います。

Microsoft 365 Business Standard

このプランは、デスクトップ版の Office アプリと、クラウドサービスの両方が含まれるプランです。

Microsoft 365 Business Premium

一般法人向けの最上位プランとなるこのプランは、Microsoft 365 Business Standard の機能に加えて、メールのセキュリティやデバイス管理などのセキュリティ面・管理面の機能が含まれます。

その他、Windows 7 や 8.1 Professional から Windows 10 Pro へのアップグレード権も含まれているようですね。

そしてこのプランでの気になる動向として、4 月以降に Azure Active Directory Premium P1 のサブスクリプションが追加されるとの情報があります。Microsoft 365 Business の管理者には、メッセージセンターを通じて情報が配信されているようですが、これで動的グループなど、これまで利用できなかった Azure AD P1 の全ての機能が利用できるようになると思います。

大企業向けプランはそのまま

一方で、大企業向けのプランはそのままのようです。Office 365 E1/E3/E5/F1 は今後も継続してライセンスが提供されます。

その他、教育機関向けのプランである Office 365 A1/A3/A5 などもそのままのようです。

従来から提供されている大企業向けの Microsoft 365 も E3/E5/F1 が継続するようですね。

Office 365 ProPlus も名称変更

Office 365 ProPlus は、単独のプランのほか、Office 365 のプランに含まれて提供されているデスクトップ版の Office アプリです。

Microsoft 365 Apps for Enterprise

こちらも Microsoft 365 Apps for Enterprise へと名称が変更されます。名称変更にあたって、管理者向けの情報が公開されています。

Name change for Office 365 ProPlus
https://docs.microsoft.com/en-us/deployoffice/name-change

こちらも確認しておきましょう。

新しい名称はバージョン 2004 以降

Office アプリ内に表示される製品情報などで新名称が表示されるのはバージョン 2004 以降のようです。

Office Deployment Tool

Office Deployment Tool を使用して Office 365 ProPlus を展開している場合のプロダクト ID は Office365ProPlusRetail のまま変更されません。configuration.xml はそのまま利用できるようです。

Configuration Manager

ADR を利用して更新プログラムを管理している場合で、更新プログラムのタイトルによって制御している場合は変更が必要です。

Microsoft Update の更新プログラムパッケージ名は、6 月 9 日以降のリリースでは Microsoft 365 Apps Update に変更されるようです。

レジストリーキー

一部のレジストリーキーは新しい名称に変更される可能性もあるようです。名称の変更が行われたら、スクリプトなどの再テストが必要になります。

新名称は 4 月 21 日(日本では 22 日)から

新名称は 4 月 21 日(日本では 22 日)から利用されるようです。

さいごに

今回の発表では名称の変更のみで、価格やライセンス体系の変更は一切ありませんでした。しかしながら、今後はこの名称に沿った考え方でサービスが展開されることになると考えられますので、どういった変更であるか、どういった考え方であるかを知っておくと、Microsoft 365 の今後の変化も理解しやすくなるのかもしれません。

ドキュメントなどは修正が必要だなあ…。