日本時間の 2020 年 8 月 18 日に、Microsoft 365 における Internet Explorer 11 のサポート対象外となる旨のアナウンスが発表されました。

まだまだ社内の他のシステムとの関係で、Microsoft 365(Office 365)を Internet Explorer 11 で利用している企業も少なくないと思いますので、このニュースはぜひチェックしておきましょう。

Microsoft 365 apps say farewell to Internet Explorer 11 and Windows 10 sunsets Microsoft Edge Legacy
https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-365-blog/microsoft-365-apps-say-farewell-to-internet-explorer-11-and/ba-p/1591666

公式の日本語訳も出ていました。

Microsoft 365 アプリの Internet Explorer 11 のサポート終了と Windows 10 での Microsoft Edge レガシー版のサービス終了
https://blogs.windows.com/japan/2020/08/18/microsoft-365-apps-say-farewell-to-internet-explorer-11/

簡単にまとめておきます。

※この内容は変更される可能性もあります。最新の情報は上記リンク先をご確認ください

ブラウザ版 Microsoft Teams の IE11 サポート

まずは、Microsoft Teams のブラウザ版についてです。こちらは、2020 年 11 月 30 日に IE11 のサポートが終了します。他のアプリやサービスよりも早くに終了するため注意しましょう。

IE11 では利用できない機能もありましたので、Microsoft Teams の今後の進化を考えると早くに終了するのもしょうがないのかなと思います。

その他の Microsoft 365 サービスやアプリの IE11 サポート

その他の Microsoft 365 に含まれるサービスやアプリについては、2021 年 8 月 17 日に IE11 にサポートが終了します。ブラウザ版の Outlook や OneDrive、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、もちろん、SharePoint もですかね。

これらのサービスやアプリの利用に関しても、新しい Microsoft Edge や Google Chrome を利用した方がはるかに動作も早く快適です。

古い Microsoft Edge もサポート終了

古い Microsoft Edge(Microsoft Edge Legacy)もサポートを終了するようです。2021 年 3 月 9 日以降、古い Microsoft Edge はサポートされず、セキュリティアップデートの配信も停止するとのことです。

Microsoft Edge を社内の標準ブラウザとしたい場合、早めに新しい Microsoft Edge(Chromium ベースの Microsoft Edge)に切り替えましょう。

ブラウザを個別にダウンロードできるほか、Windows Update での配信も始まっていると思います。

新しい Microsoft Edge ブラウザーをダウンロード | Microsoft
https://www.microsoft.com/ja-jp/edge

サポート対象外になるとどうなる?

Microsoft 365 の利用において Internet Explorer 11 がサポート対象外となると、新しい機能が利用できなくなったり、利用できなくなる機能が出てきたり、もしくは、接続できなくなったりするようです。

積極的に IE11 からのアクセスを遮断するようなものではないようですが、不具合が起きても Microsoft によるサポートや修正は望めないでしょう。

移行先のブラウザは?

気になるのはどのブラウザを利用すべきかですね。

Microsoft Edge

やはり大本命は最新の Chromium ベースの Microsoft Edge だと思います。これで動かなかったら Microsoft に堂々と文句を言えます。

Google Chrome

そして Google Chrome もオススメですね。実際に Microsoft 365 を利用するときには Google Chrome としてユーザーに展開済みの企業も多く見かけます。

Microsoft Edge 同様にすべての機能が動作します。

Firefox

ほとんどの機能は利用できますが、Microsoft Teams のビデオ会議であったり、Power Apps のアプリ編集であったりがサポート対象外のものがあります。Microsoft Teams はデスクトップアプリをインストールすれば良いですね。

ただ、上記の通り対応していない機能があるので、個人的にはあまりオススメはしていません。

Safari

Mac OS だと標準の Safari ですが、こちらも Firefox と同様 Microsoft Teams のビデオ会議や Power Apps のアプリ編集などがサポート対象外になっています。

こちらも個人的にはあまりオススメはしていません。

移行先は最新の Microsoft Edge か Google Chrome か

というわけで、すべての機能を利用するのであれば、最新の Microsoft Edge か Google Chrome ということになりそうです。

ちなみに僕は Chromium ベースの最新の Microsoft Edge を利用しています。動作も早く快適で、Microsoft 365 を利用して困ったことは一度もありません。

ブラウザサポートに関する参考情報

Microsoft 365 で関連する各サービスやアプリごとのブラウザサポートについては、下記のように参考情報を示しておきます。

Microsoft 365 と Office のリソース
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-365-and-office-resources#coreui-heading-uyetipy

Microsoft Teams の制限事項と仕様
https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/limits-specifications-teams#browsers

Web 用 Office で動作するブラウザー
https://support.microsoft.com/ja-jp/office/ad1303e0-a318-47aa-b409-d3a5eb44e452

キャンバス アプリのシステム要件、制限、構成の値
https://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/limits-and-config

Internet Explorer 11 そのもののサポートは続きます

今回の発表はあくまでも Microsoft 365 を利用する場合における IE11 のサポート終了です。IE11 自体のサポートは、インストールされる製品のライフサイクルポリシーに従うというのが現時点での決まりです。

ライフサイクルに関する FAQ – Internet Explorer および Edge
https://docs.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/faq/internet-explorer-microsoft-edge

さいごに

社内で Internet Explorer 11 の利用のみを許可していた企業は早めに新しいブラウザの展開を計画したほうが良さそうです。

どのブラウザを選択したとしても、Internet Explorer 11 と同時に利用できますので、社内は IE11、Microsoft 365 は Chromium ベースの Microsoft Edge という組み合わせが多くなりそうな気がしています。

新しいブラウザはとにかく快適ですよ。