2016 年 8 月末の記事で、SharePoint Online のチーム サイトに新機能や新 UI が適用され、「ページ」も新しいものになることが発表されました。これにより、先行して展開されている新しいドキュメント ライブラリやリストですでに実装されている UI と、統一された UI での利用が可能になります。

New capabilities in SharePoint Online team sites including integration with Office 365 Groups
https://blogs.office.com/2016/08/31/new-capabilities-in-sharepoint-online-team-sites-including-integration-with-office-365-groups/

SharePoint Online チーム サイトに新機能登場 – Office 365 グループとの統合など
https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_office_/2016/09/09/new-capabilities/

近頃の先行リリーステナントでは、従来のチームサイトに、この新しい「ページ」を作成しホームページとして設定することで、従来のチームサイトを新しいチーム サイトの UI に変更することができますので、その手順をご紹介します。

“新しい”チーム サイト UI のページへ変更する手順

こちらが、これまでも見慣れた SharePoint Online のトップ ページですね。

20161028-1

まずは、「サイト コンテンツ」から辿り、「サイトのページ」を開きます。

20161028-2

つぎに、メニュー バー(コマンド バー?)から「新規」を選び、「サイト ページ」を選択します。

20161028-3

そうすると、新しい UI のページが作成されます。タイトルの入力のほか、「+」をクリックすることでコンテンツをページに追加していくことができます。

20161028-4

ためしに「ニュースのヘッドライン」という機能を追加してみました。編集が終わったら、右上の「発行」をクリックします。

20161028-5

その後、再び「サイトのページ」を開き、先ほど作成したページを選択し、メニューから「ホームページの作成」を選択します。

20161028-6

これで設定は終了です。「ホーム」に戻ってみると、チーム サイトのホームが新しい UI に変わっていると思います。

20161028-7

新しいページはレスポンシブ

新しいページのひとつの特徴は、レスポンシブへ標準で対応していることではないでしょうか。ためしに iOS の SharePoint アプリから開いた場合は、横幅が自動で調整され表示されました。今後、こうしたページで利用できる Web パーツは、SharePoint Framework という、これまた新しいフレームワークを利用して作成していくことになるかと思います。

20161028-8

開発者の方は、ぜひ SharePoint Framework Developer Preview も試してみてください。

SharePoint Framework Developer Preview Release
https://dev.office.com/blogs/sharepoint-framework-developer-preview-release

さいごに

新しいチーム サイトでは UI が大きく変わることになりますが、「ページ」も「リスト」も「ライブラリ」も従来の表示を選択するといったことが当分の間は可能のようです。

ただし、スマートフォンやタブレットで利用するシーンが多く想定される場合、新しい UI  のチーム サイトを積極的に試してみても良いかもしれません。

私もこれからちょっとずつ試していこうかと思います。