SharePoint Online モダン サイトでは、ニュースは全て「ページ」ライブラリに保存されます。となると、やりたくなるのはニュースのカテゴリ分けやタグ付けです。

ニュースをカテゴリ分けしたりタグ付けしたりするための準備と、それを使った整理の仕方をいくつか紹介したいと思います。

「ページ」ライブラリに列を追加する

まずはじめに行うことは、「ページ」ライブラリにカテゴリやタグを入力するための列を追加します。

そのためには、「ページ」ライブラリを開き [列の追加] をクリックします。

あらかじめ決めたカテゴリの中からユーザーに選んでもらうには「選択肢」が適しているかと思いますし、ユーザー自由にタグを指定するには「その他」の中にある「管理メタデータ」が適しているかと思います。

ちょっと設定がややこしい「管理メタデータ」では、つぎのように設定します。

項目 設定
複数値のフィールド はい(複数の値を許可する)
表示形式 用語ラベルをフィールドに表示します。
用語セットの設定 用語セットのカスタマイズ
選択肢追加の許可 はい(選択肢を追加できるようにする)

こんな感じで列を追加できたら準備完了です。

それではさっそくニュースを投稿してみます。

ニュース投稿時や編集時の入力

カテゴリやタグを入力するには、ニュース投稿時や編集時に「ページの詳細」を利用することで行うことができます。ニュースのコマンド バーにある「ページの詳細」をクリックすることで「ページの詳細」パネルを開くことができます。

ここから「ページ」ライブラリに列として追加した「プロパティ」を入力することができます。(入力時に時々エラーが出るのは気のせいでしょうか…?)

ニュースに表示

入力したカテゴリやタグは、ニュース上に表示しておいた方が閲覧してくれるユーザーには分かりやすいと思います。表示するには、「ページのプロパティ」パーツを利用できます。

パーツを追加して、パーツの編集パネルから表示したいプロパティを追加します。

これでニュース上にカテゴリやタグを表示できるようになりました。

トップ ページにカテゴリ別の新着ニュースを表示

さて、つぎはサイトのトップページにカテゴリ別の新着ニュースを表示してみたいと思います。

利用するパーツは「ニュース」パーツです。

追加したら「フィルター」の設定を行うことで表示するニュースを絞ることができます。[フィルター] で「ページのプロパティ」を選択し、[プロパティ名] のところに追加した列の名前を選択し、検索値として表示したいカテゴリー名を入力しておきます。

これをカテゴリ毎にいくつか配置すると、良い感じにカテゴリー別の新着ニュースがトップページに表示されるかと思います。

こんな感じですね。

「ページ」ライブラリのフィルター パネルを設定

さらに、「ページ」ライブラリ内でニュースを探しやすくするためにフィルターパネルの設定をしておくと良いです。追加した列の [列の設定] から [フィルター ウィンドウに固定] を選択しておくと、フィルターパネルを表示したときに優先的に上の方に表示されます。

ユーザーは、ここから目的のニュースをフィルターを使って簡単に探し出せるようになります。

SharePoint Online モダン サイトのリストやライブラリで利用できるフィルター パネルは、利用するとかなり便利ですので設定しておくことをお勧めします。

さいごに

というわけで、こんな感じでニュースを投稿しながら整理をしていくことができるわけです。

ただ、ニュースを投稿するたびにパーツを追加したりするのはとても面倒ですよね。と思っていたところ、Office 365 管理者のメッセージ センターに届いている情報を確認すると、どうやらページ(ニュースも?)のレイアウトをページ テンプレートとして保存しておき使いまわしができる機能が提供されるようです。

Save page as a template and template gallery: You’ll be able to save a page as a template on the same site. Others will be able to use your template by selecting it from the new Template gallery, which will also include templates from Microsoft.

SharePoint Online モダン サイトでは、ニュースの機能が重要になっているようで、ロードマップを眺めていても、ニュースに関するもの、または、そのベースとなっているページに関するものが多くあるように思います。

こうしたカテゴリやタグを上手く利用することで、みんなでノウハウなどをニュースに書き溜めるような、なんちゃってブログのような運用もできるかと思います。