私も共著で参加させていただいた書籍「Office 365 管理者のための逆引き PowerShell ハンドブック」が発売されました。Amazon で購入できるほか、書店にも並び始めているようです。

というわけで、少しだけご紹介します。

この書籍について

この書籍では、Office 365 を PowerShell を使って管理する上で覚えておくと良さそうな PowerShell の基本知識と、Azure AD のユーザーやグループ、Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business、Microsoft Teams(プレビュー)の管理業務上よく遭遇しそうなシナリオで利用できるコマンドレットについて書いています。

また、Microsoft Docs のリファレンスを見たけど、何を設定したら良いのかよく分からないということもあるので、具体的な設定値でコマンドレットの使い方例を記載しています。

この書籍を読んでいただくことで、Office 365 関連の PowerShell で何ができそうかを知っていただき、また、さらに応用していただいて Office 365 の PowerShell に興味を持って頂けたらと思っています。

合わせてオススメの書籍

また、同じタイミングで、「ひと目でわかる Office 365 導入・運用管理編」や「ひと目でわかる Intune クラウドで始めるモバイルデバイス管理」も発売されています。

こちらもオススメの書籍です。

さいごに

じつは今回はじめて書籍を執筆しましたが、日本語としては初めての Office 365 に関する PowerShell を扱った書籍だと思います。この書籍をキッカケに、PowerShell をご利用いただき Office 365 の管理に活かしていただけたら嬉しいです。