SharePoint Online で作成できるサイトの種類には、クラシック サイトとモダン サイトがあります。このモダン サイトはこれまでサイト コレクションのトップレベル サイトとしてのみ作成可能だったのですが、どうやら近ごろサブサイトとしても作成できるようになったようです。

ただし、この記事を書いている時点ではターゲット リリースのテナントのみでしょうかね。

サブサイトを作成する場合のテンプレート

モダン サイトをサブサイトとして作成する手順は簡単です。これまで通りサブサイトの作成画面を開き、テンプレートとして「チーム サイト」を選択するだけです。ちなみに「チーム サイト(クラシック表示)」というテンプレートがクラシック サイトのチーム サイト テンプレートですね。

こうして作成すると、モダン サイトのチーム サイトがサブサイトとして作成されます。

SharePoint Online 管理センターからモダン サイトを作成する

こちらはトップレベル サイトとしてのモダン サイトの作成についてですが、SharePoint Online 管理センターからサイト コレクションを作成する場合にもモダン サイトの「チーム サイト」を選択できるようになっていました。

ここから作成できる「チーム サイト」は、Office 365 グループとの紐づけがないサイト コレクションになります。

サブサイトとハブ サイト

モダン サイトをサブサイトとして作成できるようにはなりますが、Microsoft の思惑としてはモダン サイトはハブ サイトで管理することを考えているようです。

というのも、従来のサブサイトの課題として、たとえば組織などでツリー構造を構成した場合、組織改編などが発生した場合のサブサイトのコンテンツの移動をどうするのかというものがありました。

これが、ハブ サイトで構成されてあれば、該当するサイト コレクションとハブ サイトの紐づけを変更するだけでよく、組織改編にも柔軟に対応できるためです。

こうしたことを意識してか、近ごろは SharePoint Online 管理センターの設定にもサブサイトの作成をコントロールできる設定が追加されています。

ここでも説明としてつぎのようにありますね。

サブサイトを作成するのではなく、ハブサイトを使用して関連サイトに接続することをおすすめします。

モダン サイトであってもサブサイトを利用する構成にすることが出来るようにはなりましたが、今後はサブサイトを利用するのか、または、ハブ サイトを利用するのか検討する必要がありそうです。

さいごに

SharePoint Online で、サブサイトとしてモダン サイトの「チーム サイト」テンプレートを利用できるようになり、モダン サイトだけでサブサイトを含めたサイト コレクションを作成できるようになりました。ただし、今後はハブ サイトを利用した方が良い場面もきっと多くなると思いますので、どこかのタイミングでサイトの構成を今後はどうしていくのかを検討された方が良いのかもしれません。