Microsoft Teams で Web 会議をしようと思うと、マイクやスピーカーをどうするかということが問題になることも多くあります。

特に、Web 会議に慣れないうちは会議室など一か所に集まり、ひとつのパソコンを囲んで拠点間で Web 会議を行うなども良くあると思います。そうしたときにはパソコンのスピーカーやマイクでは力不足で、少し離れた場所にいる人の声は良く聞こえないといったことがあります。

また、自宅などで行うにしても、パソコンに備え付けられているマイクの品質が良くなく、上手く音声を拾ってくれないなどで Web 会議に不満を持つこともあります。

そんな悩みがあったのですが、Microsoft Teams にはスマートフォンのマイクやスピーカーを使うことで快適に出来る方法があったので紹介します。

僕は iPhone しか持っていないため iPhone での操作になります。

(2020/4/20 追記)リモートワークの需要増のためか、この記事のアクセス数も伸びています。この方法はスマホが直接インターネットと通信を行います。あらかじめスマホを Wifi に繋いでおくなどして、ギガの消費にご注意ください。

Microsoft Teams の Web 会議にはスマホとパソコンで同時に参加できる

はい。なんのこっちゃと思われる方も多いかと思います。Microsoft Teams の Web 会議にはスマホとパソコンで同時に同じ会議に参加すると利用できる「コンパニオンモード」というものが用意されています。

一番簡単な参加方法は、まずはパソコンから会議を開始し、その後にスマホの Microsoft Teams アプリを開くと「このデバイスで参加しますか?」といったメニューが画面上部に表示がされるため「参加」をタップするだけです。

先にスマホで参加している場合には、パソコンから進行中の会議を探して参加しましょう。

なお、このコンパニオンモードは会議でのみ利用できます。1:1 などの「チャット」から通話を始めた場合には利用ができないようなので、ここだけ注意が必要です。

画面の共有はパソコンでマイクやスピーカーはスマホで

コンパニオンモードでスマホをマイクスピーカーとして利用するときのオススメの設定は、パソコン側ではマイクもスピーカーも両方ともオフにし、スマホ側ではマイクとスピーカーの両方ともオンにします。

というのも、スマホのマイクで話した声が、パソコンの画面からも聞こえてしまうからです…。コンパニオンモードのときは、マイクやスピーカーはパソコンかスマホかどちらかを選択した方が良いですね。

パソコン側は両方をオフ。

スマホ側は両方をオン。

その他、スマホ側の設定では「着信ビデオをオフにする」という設定があります。この設定を行っておくことで、スマホ側にはカメラからの映像が配信されなくなります。

ただし、画面共有などは配信されるようなので少し中途半端なのですが…、Wifi に繋がっていないときなどには少しでも通信量を節約したいですからね。

さいごに

Microsoft Teams では、このようにパソコンとスマホを同時に利用できるコンパニオンモードが用意されています。コンパニオンモードで他に何ができるかは、イメージしやすい YouTube の動画がありましたのでご紹介します。

パソコンとスマホを同時に利用するコンパニオンモードで、より快適に Web 会議を行いましょう!