Microsoft 365 管理センターや Azure ポータルで作成された Microsoft 365 グループ(旧 Office 365 グループ)は、Microsoft Teams のチームが追加されていません。例えば IT 部門が社内の部署ごとに Microsoft 365 グループを作成し、そのグループのメンバーで利用する Microsoft Teams のチームが必要な場合、Microsoft 365 グループの所有者がチームを作成するか、IT 部門があらかじめチームを作成する必要があります。

ここでは、そうしたチームの作成方法を書いておきたいと思います。

Microsoft 365 グループを作成する

Microsoft 365 グループを作成するには、管理者が Microsoft 365 管理センターから作成する方法や、ユーザーが Outlook から作成する方法があります。

管理者が Microsoft 365 管理センターから作成する場合は、グループの作成時に「Microsoft 365(推奨)」を選択しましょう。

ユーザーが Outlook から作成する場合は、Microsoft 365 Apps に含まれるデスクトップ版の Outlook のほか、ブラウザで利用する Outlook on the Web から作成できます。キャプチャはデスクトップ版で作成するところです。

このように Microsoft 365 グループを作成すると、グループのメールアドレスが発行されるほか、グループでファイルを共有するための SharePoint サイトなども合わせて作成されます。

Microsoft 365 グループの所有者がチームを追加する

作成済みの Microsoft 365 グループに Microsoft Teams のチームを追加してみましょう。この操作はグループの所有者となっているユーザーで行う必要があります。

まずは、Microsoft Teams を開き、いつも通りチームを作成する画面を開きましょう。そして、「グループまたはチームから」を選択して先に進み、「Microsoft 365 グループ」を選択します。このとき、操作しているユーザーが、どのグループの所有者でもない場合、このボタンはグレイアウトされており選択できません。

つぎの画面で、チームを作成したいグループを選択し、作成をクリックして完成です。

管理者が Microsoft 365 グループにチームを追加する

続いて管理者が Microsoft 365 グループにチームを追加する場合です。Microsoft 365 管理センターにアクセスできる管理者は、任意の Microsoft 365 グループにチームを追加することができます。

Microsoft 365 管理センターのグループの一覧から、チームを追加したい Microsoft 365 グループを選択します。そして、チームの詳細画面の「Microsoft Teams」タブから「チームを作成する」ボタンをクリックするだけです。

ユーザーの代わりに作成しておきたいといった場合に便利ですね。

PowerShell を利用してチームを追加する

管理者が Microsoft 365 グループにチームを追加する場合、一度にたくさんのグループに対して処理を行いたいかもしれません。そうしたときには PowerShell を利用して Microsoft 365 グループにチームを追加すると良さそうです。

まずは Microsoft Teams の PowerShell を事前にインストールしておきましょう。PowerShell からインストールすることができます。

Install-Module MicrosoftTeams

インストールができたら、Microsoft Teams に接続しましょう。

Connect-MicrosoftTeams

そしたら、Microsoft 365 グループに対して Microsoft Teams にチームを追加していきます。

New-Team -GroupId 090152fc-2334-412e-a964-ab38784ecf50

GroupId の後ろにある文字列は Azure ポータルなどから確認できる Microsoft 365 のオブジェクト ID ですね。

Azure ポータルや Azure AD の PowerShell を利用するなどして事前に調べておくと良いでしょう。

さいごに

Microsoft 365 グループを先に作成してから Microsoft Teams のチームを追加する手順でした。

ユーザー目線で見ると、Outlook で作成した Microsoft 365 グループは、メンバー全員で利用できるメールアドレス(メールボックス)を持つため、メーリングリストのようにも利用できて便利です。

管理者目線で見ると、Microsoft 365 グループをあらかじめ作成し、メンバーなどの追加を済ませてからユーザーに渡したい場合や、Azure AD Premium の動的グループの機能を利用して Microsoft 365 グループを管理し、さらに Microsoft Teams も合わせて利用させたい場合などに便利です。

もしもそんな場面があったら試してみてください。