SharePoint 2013 を触っていて、SharePoint 2010 までとは違う点を見つけました。
ユーザー権限による動作の違いを確認していたところ、サイトの「メンバー」SharePoint グループにしか属していないはずのユーザーが「リストの設定」から「リストの削除」を選択出来てしまったのです。
20130220-1

あらためて「メンバー」SharePoint グループに適用されているアクセス許可レベルを確認してみると「編集」権限となっていました。SharePoint 2010 までは「投稿」権限だったはずです。
20130220-2
では、この「編集」権限では一体何が出来るのか?アクセス許可レベルの設定で確認してみると…。
20130220-3
「リストを追加、編集、削除できます。」との記述があります。

おそらく SharePoint 2013 では、チームサイトのメンバーが必要に応じて柔軟に新しくリストを作成したり、列を追加したり、といった利用シーンが想定されているものと考えられます。

この変更には、メリットも感じていますが、システム管理者(やヘルプデスク)の立場から考えると注意が必要だと思いました。

SharePoint 2010 までも存在していた「投稿」権限は残っていますので、ポータル等では「編集」ではなく「投稿」権限を利用したほうが良いのではないでしょうか。

また、「新しいサブサイトの作成」という見慣れないアクセス許可レベルも定義されています。SharePoint 2010 までのように、システム管理者がサイトやサイトライフサイクルを管理するという運用ではなく、ユーザーが必要な時に自由にサイトを作成していく、という運用のマイクロソフトからの提案だと思います。(少々一方的ですが…。)

実は、ユーザーが自由に作成したサイトの管理方法についても、新しい機能が追加されているようです。が、今回の記事ではここまで。