世間のイケてるエンジニアたちはマークダウンという書式を好んで利用している方も多いようです。

マークダウンとは、例えば見出しは行頭に「#」を付けるだとか、文字の強調は「*強調*」のように「*」で文字を囲むだとか、そうした記号を使った簡単な記述で書くだけでサーバーやクライアントのソフトウェアが良い感じに HTML に直してくれてブラウザで閲覧できるというものです。

代表的なものでは GitHub や Qiita などで利用されていますね。

基本的な書き方とフォーマットの構文 – GitHub ヘルプ
https://help.github.com/ja/github/writing-on-github/basic-writing-and-formatting-syntax

Markdown記法 チートシート – Qiita
https://qiita.com/Qiita/items/c686397e4a0f4f11683d

こうしたマークダウンで記述されたテキストファイルの拡張子は「.md」なのですが、この拡張子のファイルを SharePoint Online や OneDrive for Business に保存するとちょっと便利だったので書いておきます。

.md ファイルを作る

マークダウンのファイルを作るのは簡単です。任意のテキストエディターを開き、次のようなテキストを入力し、.md の拡張子でファイルを保存するだけです。このとき文字コードは UTF-8 にします。

# Markdown(マークダウン)
## Headers
```
# This is H1
## This is H2
### This is H3
#### This is H4
##### This is H5
###### This is H6
```
# This is H1
## This is H2
### This is H3
#### This is H4
##### This is H5
###### This is H6

## Emphasis
```
*This text will be italic*  
_This will also be italic_  
**This text will be bold**  
__This will also be bold__  
_You **can** combine them_  
```
*This text will be italic*  
_This will also be italic_  
**This text will be bold**  
__This will also be bold__  
_You **can** combine them_  

## Horizontal Rule
```
***
---
___
```
***
---
___

## Lists
### Unordered
```
* Item 1
* Item 2
  * Item 2a
  * Item 2b
```
* Item 1
* Item 2
  * Item 2a
  * Item 2b

### Ordered
```
1. Item 1
1. Item 2
1. Item 3
  1. Item 3a
  1. Item 3b
```
1. Item 1
1. Item 2
1. Item 3
  1. Item 3a
  1. Item 3b

## Images
```
![User Photo](/_layouts/15/userphoto.aspx)  
Format: ![Alt Text](url)
```
![User Photo](/_layouts/15/userphoto.aspx)

## Links
```
[Office 365](https://www.office.com)
```
[Office 365](https://www.office.com)

## Blockquotes
```
> We're living the future so
> the present is our past.
```
> We're living the future so
> the present is our past.

## Inline code
```
I think you should use an `<addr>` element here instead.
```
I think you should use an `<addr>` element here instead.

## Tables
```
First Header | Second Header | Third Header
:------------ | -------------: | :-------------:
Content from cell 1 | Content from cell 2 | Content from cell 3
Content in the first column | Content in the second column | Content in the third column
```
First Header | Second Header | Third Header
:------------ | -------------: | :-------------:
Content from cell 1 | Content from cell 2 | Content from cell 3
Content in the first column | Content in the second column | Content in the third column

## Code
<pre>
```
function office365(arg){
  if(arg){
    alert('is Great!!')
  }
}
```
</pre>
```
function office365(arg){
  if(arg){
    alert('is Great!!')
  }
}
```

このファイルを SharePoint Online のライブラリか OneDrive for Business にアップロードします。

これで準備完了です。

ファイルのプレビュー

ファイルをクリックすると、マークダウンファイルをブラウザでプレビューすることができます。

ざっと眺めてみると、Blockquotes や Inline code の書式がちょっと区別が付きづらかったり、Tables は枠線が表示されないのでちょっと見づらいですね。

とは言え、基本的なところは問題なさそうです。

ファイルの編集

そして、このままブラウザ上でファイルを編集することもできます。左上の [開く] – [テキスト エディターで開く] をクリックします。

すると、次のような編集画面になります。

編集後に「保存」をクリックするか「Ctrl + S キー」を押すことで編集内容を保存できます。

欲を言えば、マークダウンの表示プレビューなどがあるともっと嬉しいですね。

Shift-JIS などの文字コードの場合

ちなみに、文字コードが Shift-JIS になっている場合は、プレビュー画面で文字化けしているのですが、編集画面に切り替えると自動的に文字コードが変換されて文字化けも直ります。

ブラウザ上で自動的に文字コードを直してくれるので、これはちょっと嬉しいです。

さいごに

Office ユーザーにとっては嬉しい人はあまり多くないのかもしれませんが、こうしたテキストファイルであっても SharePoint Online や OneDrive for Business に保存して共有するメリットは少しありそうです。

その他、SharePoint Online や OneDrive for Business では数多くの種類のファイルのプレビューに対応しています。

OneDrive、SharePoint、Teams でのファイルのプレビューがサポートされているファイルの種類
https://support.microsoft.com/ja-jp/office/e054cd0f-8ef2-4ccb-937e-26e37419c5e4

色々なファイルを保存してみると、ちょっと変わった使い方も発見できるかもしれません。