先日、SharePoint Designer 2013 を利用しようかと思い、SharePoint Designer 2013 を起動し、「サイトを開く」をクリックすると SharePoint Designer 2013 がクラッシュしてしまいました。再度起動し直しても、何度起動し直しても、「サイトを開く」をクリックしたタイミングでクラッシュしてしまいます。SharePoint Designer 2013 を修復してもダメ、SharePoint Designer 2013 を再インストールしてもダメ、そんな時に「こんな対処をしたら解決できたよ」というのを備忘録として残しておきます。ちなみに環境は、SharePoint Designer 2013 と SharePoint Designer 2010 が同居している環境です。世の SharePoint に関わる方なら、こうした同居環境の方も多いかと思います。

さっそく解決策

結末から言うと、ネットで検索したら解決策が見つかりました!インターネットは偉大ですね。

SharePoint Designer 2013 Crashing on Open Site: The Fix
http://sympmarc.com/2013/04/16/sharepoint-designer-2013-crashing-on-open-site-the-fix/

どうやら、今回のように SharePoint Designer 2013 と SharePoint Designer 2010 が同居している環境で発生する現象のようですね。記事に書いてある通り、レジストリ エディタを開き下記2つのレジストリ キーを削除します。ClientGUID 自体を削除ですね。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Common\Open Find\Microsoft SharePoint Designer\Settings\Open Site の ClientGUID
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\Open Find\Microsoft SharePoint Designer\Settings\Open Site の ClientGUID

削除後、SharePoint Designer 2013 を起動し「サイトを開く」をクリックしたところ、今度は無事に開けました!!その後は不具合は発生していません。

さいごに

いろいろと手こずることも多い SharePoint Designer 2013 ですが、やはり使えないと不便です。同様の不具合が発生した場合には試してみてください。※ただし、レジストリの編集になるので、慎重にかつ自己責任でお願いします。