Microsoft Teams の Web 会議で発表者にスポットライトを設定して大きく表示する

Microsoft Teams の Web 会議では、特定の発表者に「スポットライト」を設定することができます。これによって、発表者のカメラ画像を大きく表示して見やすくしたり、なにかカメラ越しに映して説明しやすくなったりしますね。

同じような機能として「ピン留め」がありますが、それとの違いは「スポットライト」の場合は、誰かが設定すると Web 会議の参加者全員に大きく表示されるという点です。

Microsoft Teams の Web 会議でカメラ画像をピン留めする
https://idea.tostring.jp/?p=5270

ピン留めでは参加者が個別に設定する必要がありました。スポットライトを上手に利用することで参加者全員が同じ画面を見ることができるというわけですね。

どんな動作をするのか、ちょっと試してみたいと思います。

Read More

SharePoint Online モダンサイトのニュース Web パーツで「管理プロパティ」のフィルターを利用する

以前、ニュースにカテゴリーを設定し、整理してみようといった記事を書きました。

SharePoint Online モダン サイトのニュースをカテゴリー別に整理する
https://idea.tostring.jp/?p=3917

しかしこの方法の問題は、ニュース Web パーツのニュース ソースの設定で「このサイト」が選ばれているときしか利用できないことです。

ニュース ソースとして「サイトの選択」や「現在のユーザーへのお勧め」が選ばれている場合などの、要は複数のサイトからニュースの情報を集約して表示している場合は、「管理プロパティ」を利用してフィルターを行う必要があります。

この「管理プロパティ」の利用方法が、分かりづらいよなーと思ったので、動作を確認して手順をメモしておきます。

Read More

Microsoft Teams を利用するユーザーの習熟プロセスを考える

僕が所属する社内でもそうなのですが、Microsoft Teams を導入してスグにバリバリ使いこなせるというパターンは滅多にありません。ユーザーは、Microsoft Teams を使いながら新しい発見をしたり新しい機能を覚えたり、上手く使えたり失敗したりしながらツールへ適用していきます。

そうしたプロセスを Microsoft Teams における習熟のプロセスとして考え、それぞれのステージに応じて利用する機能や使い方のアドバイスを行うことで、上手く組織の中に Microsoft Teams を馴染ませていくことができるのではないかと考えています。

そこで今回は、僕が観察して見つけた習熟プロセスをメモしておこうかと思います。珍しく技術的な情報は一切ありませんが、たまには良いよねということで。

Read More

Microsoft Ignite 2020 のオススメセッション私的ベスト 10!

今年は COVID-19 の影響もありオンラインで配信された Microsoft Ignite ですが、やはりその規模はオフラインで開催されていた昨年までと比べると少し寂しく感じるところもありましたね。

しかしながらチェックしておいた方が良さそうな新機能に関する情報は続々と出てきましたね。

僕も時間を見つけては気になるセッションを見ているのですが、そこで見つけた僕のオススメセッションを共有しておきたいと思います。

Read More

新しい Yammer を社内の QA フォーラムとして利用してみる

みなさんは新しい Yammer を利用していますか?現在はこれまでの Yammer と新しい Yammer をいつでも切り替えられるようになっており、「新しい Yammer をお試しください」のトグルが画面最上部に表示されていますね。

新しい Yammer について詳しくは下記リンク先を参照ください。

新たな Yammer へようこそ
https://support.microsoft.com/ja-jp/office/8c749c30-2d17-4153-a3cc-37a70f254681

この新しい Yammer では「質問」という投稿を行うことができ、QA フォーラムのように利用することができそうです。そこで、QA フォーラムとして利用するときの設定などを確認してみたいと思います。

Read More

SharePoint Online や OneDrive for Business でファイルを直接ダウンロードさせる共有リンクの作り方

SharePoint Online や OneDrive for Business に保存されているファイルを「共有」しようと共有リンクを作成し、そのリンクの URL にアクセスすると Office Online や SharePoint のプレビュー機能によってブラウザ上で表示されますよね。

この機能はとても便利なのですが、場合によってはユーザーに直接ダウンロードさせたいと考えることもあるかもしれません。

そうした直接ダウンロードさせたいときの共有リンクの作り方を調べてみました。

Read More

Exchange Online のメールボックスに届いたメールをブラウザ開くディープリンク

Exchange Online を利用していて、Outlook はブラウザ版のものを愛用しているのですが、そこに届いたメールを直接ブラウザで表示するための URL の形式はどうなっているのかなと思ったので調べてみました。(ディープリンクとか言うみたいです)

このあたりが分かれば、Power Automate だとかからの連携もいろいろと作れるんじゃないかなと思っています。詳しくは後述しますね。

それではさっそく見ていきましょう。

Read More

Power Automate の Excel Online (Business) コネクタの「行の取得」アクションは数万件のデータが格納された Excel からデータを取り出せるのか

「数万件のデータがあるんですよ」

在宅勤務中のとある日の夕方、ふとこんな相談を受けました。「今は Excel でデータを管理していまして…」と彼が言う要件とは次のものでした。

  • とあるシステムから ID 値が出てくる
  • その ID 値を使って Excel の中からデータを抽出したい
  • Excel には数万件のデータが登録されている

要件としては単純なものでしたが、彼はこれを Power Automate を利用して自動化したいと言うのです。そのとき僕の頭の中にはひとつの疑問が浮かびました。

「Power Automate から数万件もデータが入っている Excel の中を検索できるのだろうか…?」

というので試してみました。

Read More