Microsoft Flow を使って SharePoint Online に保存されたドキュメントの承認ワークフローを作ってみる

Pocket

Microsoft Flow にある SharePoint コネクタを見ていたところ「コンテンツの承認状態を設定します」というアクションを見つけました。はは~ん、これで SharePoint のドキュメント ライブラリに保存されたドキュメントの承認ワークフローを作れば良いんだな?と思い試してみたところ、ちょいと工夫が必要そうだったのでメモを残しておきます。

ちなみに、「コンテンツの承認状態を設定します」アクションのドキュメントは下記のリンク先ですね。

SharePoint – Connectors | Microsoft Docs – Set content approval status
https://docs.microsoft.com/ja-jp/connectors/sharepointonline/#set-content-approval-status

Read More

PowerShell の CSOM を使って SharePoint Online の 5,000 件を超えるアイテムが格納されたリストから全アイテムを取得する

Pocket

SharePoint Online を利用していると、リストに格納されたアイテムが 5,000 件を超えることも珍しくありません。こうしたリストのアイテムを PowerShell の CSOM で扱おうと思うと、5,000 件の壁にぶつかります。

これは、SharePoint Online からは一度に 5,000 件より多いアイテムを取得できないためです。ではどうするかというと、5,000 件の制限の範囲内で小分けにしてアイテムを取得していきます。ページングというやつですね。

ではさっそくスクリプトを見ていきましょう。

Read More

SharePoint Online 管理シェルでモダン サイトを作成する

Pocket

SharePoint Online 管理シェルからサイト コレクションを作成するには、みなさんご存知の通り New-SPOSite を利用するわけですが、つい先日までは、このコマンドでは SharePoint Online のモダン サイトを作成することができませんでした。

そのため、下記の記事のように REST API を利用して作成を試みていたわけです。

SharePoint Online の新しいコミュニケーション サイトは REST API で作成できるらしい
https://idea.tostring.jp/?p=3257

ところが先ほど確認してみたところ、このコマンドでもモダン サイトを作成できるようになっていたのでメモしておきます。

Read More

拡張された Microsoft Teams の外部ユーザー招待機能(ゲストアクセス)を試してみた

Pocket

昨年の 9 月に Microsoft Teams に外部ユーザー招待機能(ゲストアクセス)が実装され、他テナントの Office 365 ユーザーをチームに招待して利用できるようになりました。そしておよそ半年経ってついに Office 365 ユーザー “以外も” 招待できるようになったようです。

昨年の外部ユーザー招待機能がリリースされたときの記事は下記です。

Microsoft Teams の外部ユーザー招待機能(ゲストアクセス)を試してみた
https://idea.tostring.jp/?p=3048

そして今回の外部ユーザー招待機能の拡張についての公式リリースは下記です。

Collaborate securely with anyone in Microsoft Teams
https://techcommunity.microsoft.com/t5/Microsoft-Teams-Blog/Collaborate-securely-with-anyone-in-Microsoft-Teams/ba-p/165941

というわけで、今回もやっぱり試してみます。せっかくなので、Microsoft とは全く関係のない「Yahoo! メール(@yahoo.co.jp)」のユーザーを招待してみたいと思います。

招待する側の操作は簡単で、Microsoft Teams のユーザーを追加したいチームから「メンバーを追加」でメール アドレスを入力して追加するだけです。

それでは、招待された側の操作も確認していきましょう。

Read More

SharePoint Online モダン チーム サイトの Incoming Webhook コネクタ Web パーツを試してみる

Pocket

ターゲット リリース(旧先行リリース)テナントの『Office 365 グループに接続された SharePoint Online モダン チーム サイト』では、「コネクタ」という分類の Web パーツが利用できるようになっています。「Asana」「GitHub」「RSS」「Stack Overflow」「Trello」「Wunderlist」などのほか、「O365 コネクタ」を選択すると、「Visual Studio Team Services」「Zendesk」「Heroku」「Jenkins」などなど、これまで Office 365 グループや Microsoft Teams で利用できていたような数多くのコネクタを SharePoint のページに追加できるようです。

今回の記事では、その中でも汎用性が高い「Incoming Webhook」のコネクタを試してみます。

Read More

PowerShell から SharePoint Online の CSOM を呼び出すときに、HTTP リクエストに User Agent を設定する(スロットリング回避策?)

Pocket

SharePoint Online は、CSOM や REST API の呼び出しにスロットリングが設けられており、頻繁にリクエストを送っているとサーバー側から実行が制限されてしまいます。どのくらいの頻度でリスエストを送ると制限されるのかについては、情報が公開されていないので悩むところではあるのですが…、この制限を超えるとサーバーからは「429」または「503」のコードが返ってきます。

この制限の回避策についてはリファレンスが公開されています。

SharePoint Online で調整またはブロックを回避する
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/dev/general-development/how-to-avoid-getting-throttled-or-blocked-in-sharepoint-online

回避策のひとつは、制限されることを前提にしたリトライ処理をあらかじめ組み込んでおくことです。PowerShell での実装については、以前に Microsoft のサポートチームがブログで書いてくれていますね。

PowerShell サンプル : SharePoint Online HTTP 調整 (応答コード : 429) 対策の増分バックオフ リトライ
https://blogs.technet.microsoft.com/sharepoint_support/2016/10/08/powershell-csom-sample-code-for-spo-http-429-incremental-backoff-retry/

もうひとつの回避策は、HTTP リクエストに決められた命名規則の User Agent を含めることとあります。リファレンスには「適切に装飾されたトラフィックは、不適切な装飾を施したトラフィックより優先されます。」とあるので、制限される頻度を低くできる可能性があるのだと思います。

というわけで、PowerShell で CSOM を扱うときにどのように User Agent を含めたら良いかについてメモしておきます。

Read More

Windows や Office のサポート ポリシー変更と企業版 Office 365 ユーザーへの影響

Pocket

今月 2 月 1 日(米国時間)に、Windows や Office のサポート ポリシー関連や、Office 2019 の提供方法についてなどが発表されました。

Announcing changes to Office and Windows servicing and support
https://partners.office.com/news/article/announcing-changes-to-office-and-windows-servicing-and-support/

Changes to Office and Windows servicing and support
https://blogs.technet.microsoft.com/windowsitpro/2018/02/01/changes-to-office-and-windows-servicing-and-support/

Windows および Office のサービシングとサポートの変更【2/3 更新】
https://blogs.technet.microsoft.com/mpn_japan/2018/02/03/changes-to-office-and-windows-servicing-and-support/

ここでは、企業で Office 365 を利用しているユーザーへの影響を中心に情報を追ってみたいと思います。

Read More

SharePoint Online モダン UI リストやライブラリの「プロパティの一括編集」が便利だぞ

Pocket

SharePoint Online のモダン UI リストやライブラリの機能にも新機能がいろいろと実装されてきていますが、最近新たに実装された「プロパティの一括編集」が便利だったのでご紹介します。

こうした一見地味なのですが、ちょっとした使い勝手の上がる機能は嬉しいですね。

Read More