Copilot

Microsoft 365 アカウントで Microsoft Edge の Copilot にサインインできなくなったときに試したこと

ある日なにかのキッカケで Microsoft Edge のサイドバーから利用できる Copilot にサインインができなくなりました。これは困ったなあと試行錯誤した結果を書き残しておきます。本来であれば、Edge のプロファイルに職場アカウントの Microsoft 365 アカウントでサインインした状態であれば、サイドバーの Copilot にも自動的にサインインできていたと思います。 結果として、ブラウザに保存されたいくつかのクッキーを削除したら元に戻りました。
Office 365

Office 展開ツールを使って Microsoft 365 Apps の更新チャネルを変更する

近ごろは Copilot for Microsoft 365 のパイロット導入を行う機会も増えてきています。Copilot for Microsoft 365 を Word や Excel、PowerPoint などの Microsoft 365 Apps で利用するには、更新チャネルを「最新チャネル」か「月次エンタープライズチャネル」などに変更する必要があります。この更新チャネルについて企業によっては、新機能の反映が遅い「半期エンタープライズチャネル」を設定していることもあ...
Exchange Online

会議室メールボックスに登録されている予定情報を取得して CSV ファイルにエクスポートする

会議室がどのくらい利用されているのかを知りたいなどの理由から、Exchange Online の会議室メールボックスのカレンダーに登録されている予定の情報をエクスポートできないかと相談されることがあります。 ちょっと調べてみたところ、そのような情報は Microsoft Graph API を利用することで取得することができそうでした。そこで、PowerShell の Microsoft Graph PowerShell SDK を利用して、簡単な情報を CSV ファイルにエ...
スポンサーリンク
SharePoint Online

SharePoint の共有リンク利用時に作成される隠し SharePoint グループを調べてみた

SharePoint Online でファイルの共有リンクを利用しようとすると、裏側ではシステム的に利用される複数の SharePoint グループが作成されるようでした。これらの SharePoint グループは、GUI 上からはちょっとだけ隠された「隠し SharePoint グループ」になっています。普段はユーザーが意識する必要はまったくないのですが、もし今後なにかあったときのために少し調べてみることにしました。
SharePoint Online

SharePoint Online のカスタムスクリプトの実行を許可する設定に新しい制限が追加される予定

このブログでも未だに参照される機会も多いのが、2015 年に書いた「静的 HTML ファイルを SharePoint にアップロードして公開する」の記事です。この記事では、既存のイントラネットサイトに静的 HTML ファイルが存在した場合、それを SharePoint Online のドキュメントライブラリにアップロードして再利用するための方法を紹介しました。 しかし、近ごろアナウンスされたロードマップによると、この方法が大幅に使いづらくなってしまうようなのです。
OneDrive for Business

OneDrive for Business で共有したファイルを検索で見つけられるのは誰か

OneDrive for Business は、本当に便利ですよね。自分が作成したファイルを保存しておくだけでなく、そのままクラウド上にあるファイルを他のメンバーと共有することもできます。また、保存されたファイルは、Microsoft 365 の検索機能を使って探すこともできます。 さて、そうして共有したファイルは、一体誰が検索して見つけることができるのでしょうか?ちょっと疑問に思ったので、動作を確認してみることにしました。
Microsoft Teams

Microsoft Teams の「認識」を有効化する方法を調べてみた

Microsoft Teams の設定を見ていると「認識」という設定項目がありますが、「管理者がこの機能をオンにしていないか、お住まいの地域で利用できない可能性があります。」と表示がされており設定できません。管理者がこの機能をオンにしていないと書かれていても、Microsoft Teams の管理センターにはこれに関する設定項目は見当たりません。 どうやってこの設定を有効化するのか、その方法を調べてみました。
Microsoft Teams

新しい Microsoft Teams に切り替えてから Outlook で Teams 会議が作成できなくなった件を解決してみた

動作が快適になった新しい Microsoft Teams クライアントを使いはじめたユーザーも多くなってきました。私もそのひとりなのですが、新しい Teams クライアントに切り替えてから、Outlook で会議予定を作成するときに Teams 会議を作成できなくなっているのに気づきました。こりゃ不便だなというので、解決策を調べてみました。
Power Automate

Power Automate のクラウドフローで SharePoint ライブラリのフォルダーを削除する方法を調べてみた

ひょんなことから、Power Automate のクラウドフローを利用して、SharePoint ライブラリに保存されたフォルダーを削除する方法を調べてみました。 というのも、Power Automate の SharePoint コネクタには、ファイルや項目(リストアイテム)の削除アクションはあるものの、フォルダーの削除アクションが用意されていないからです。さてどうしたものかと、調べてみた結果を書き残しておきます。
Microsoft Teams

新しい Teams クライアントにしてから Outlook にプレゼンスが表示されなくなった件を直してみた

動作が機敏になった新しい Microsoft Teams クライアントを利用していますか?マルチアカウントにも対応していますし、うわさ通り動作も快適でとても便利ですよね。しかし社内からこんな問い合わせを受けました。 「Outlook に他のユーザーのプレゼンスが表示されなくなったんです。直りませんか?」 プレゼンスとは、メールの宛先のユーザー名の隣に表示される緑や赤、黄色などの在席状態を示すマークのことですね。そして僕の環境でもいつの間にかプレゼンスが表示されていない。という...
Others

Microsoft Edge で入力フォームに過去に入力した保存されたデータを個別に削除する

Microsoft Edge でさまざまな入力フォームを利用していると、Edge はそのフォームに入力した値を「保存されたデータ」として覚えてくれます。これによって過去に入力した値を再度打ち込むことなく、簡単に再入力できるようになっています。これ自体はとても便利な機能で、僕もありがたく使わせてもらっています。 しかしこの機能の問題点は、間違えて入力した値なども覚えてしまうことです。これによって、過去の間違った入力も簡単に再入力できてしまい、同じような間違いを繰り返してしまうこ...
Exchange Online

Outlook のメールでもメンションを使おう

Microsoft 365 を利用しているユーザーの多くが、メールを Outlook から使っていると思います。Microsoft Teams でチャットが増えたとは言っても、メールが完全に無くなったという人は少ないと思います。 Outlook でメールを送るときにぜひ使ってほしい機能がメンション機能です。Microsoft Teams で利用できるメンション機能がメールでも利用できるんです。機能の使い方とメリットを紹介します。
Microsoft Teams

Microsoft Edge の Teams サイドバーアプリがちょっと良さそう

いつからか、Microsoft Edge にサイドバーが追加されました。Microsoft Edge に会社で利用している Microsoft 365 アカウントでサインインしていると、サイドバーアプリとして「チーム」アプリ(Teams アプリ)も利用できるようです。 このアプリをちゃんと使うと便利そうな雰囲気があるので紹介します。ユーザーも増えればきっとこれからも機能が増えたり使いやすくなったりすると思うので、ぜひ色んな人に使ってほしいです。
Office 365

Microsoft Ignite 2023 November の私的必見セッション

いよいよ来週は、Microsoft Ignite 2023 が開催されます。昨年ごろから現地とオンラインのハイブリッド開催となりました。今年の現地はシアトルですが、チケットは早々に売り切れたようで、みんなの関心の高さが伺えます。おそらく今回は AI や Copilot といったキーワードが山ほど出てきそうな雰囲気がありますね。そうした Microsoft Ignite 2023 の私的必見セッションをまとめておきます。
Exchange Online

Power Automate の「メールを取得する (V3)」アクションは 25 件までしか取得できない問題を乗り越える

Outlook の特定のフォルダーにあるメールを対象に Power Automate で一括処理をしてしまおうと思いました。しかし、Office 365 Outlook コネクタの「メールを取得する (V3)」アクションでは、取得できるメールの件数は最大 25 件となるようです。 しかし Outlook のフォルダーには 150 件ほどのメールがあります。これは一体どうしたら良いんだろう……。というので、その制限を乗り越える方法を調べて試してみました。
スポンサーリンク